ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

機械学習とは

プログラミング無しで機械学習

機械学習プログラミング入門

初めてのKeras2.0

初めてのTensorflow(YouTube)

初めてのChainer2.0

初めてのビットコイン

ビットコイン用語集

初めてのSolidityプログラミング

初めての医療統計

初めてのエクセルで医療統計

初めてのEZRで医療統計

初めてのRStudioでレポート作成

初めてのImageJで画像解析

スマホアプリ作成ソフトIonic3

スマホアプリ作成ソフトIonic4

Ionicのためのjavascript tips

その他

NiftyCloudMobileBackend

税金など

Dokuwiki

sidebar

h2o.aiで手書き数字mnist分類

H2O.aiで手書き数字MNIST分類

このページは、
機械学習ソフトH2O.aiの続きであり、H2O.ai上で、手書き数字認識MNISTのサンプルを実行してみます。

開発環境

Windows 8.1 Pro 64-bit(Windows 7やMacでも可能だと思われます)

Java 1.8.0_151-b12

H2O.ai 3.14.0.7

手順

チュートリアルの写経を行います。

前回の終了時は、以下のような画面になっているので、画面右側の、view example Flowsをクリック。

以下のような画面になるので、DeepLearning_MNIST.flow をクリック。

Load Notebookをクリック。

画面左側に出てくるチュートリアル(英語)を実行してみます。

一番上の行の右側の「すべて実行」ボタンをクリックします(これだけです!)。

すると、以下のように学習が始まります。

何分か待ちます。待っている間に私は寝てしまったので、何分かかったかは不明です。

終了後の画面です。

https://s3.amazonaws.com/h2o-public-test-data/bigdata/laptop/mnist/test.csv.gz

というところから、MNISTのtestデータセットをダウンロードしたようです。

ダウンロードしたデータのC785を、Enumに変更したようです。元画像が28×28=784のグレースケール画像なので、最後の785にラベルがあり
それをEnumに変更したのだと予想します。Enumが何を示しているのかはなんとなくしか分かりません。おそらく、整数なのかなと予想します。

こちらも、

https://s3.amazonaws.com/h2o-public-test-data/bigdata/laptop/mnist/train.csv.gz

というところから、MNISTのtrainデータセットをダウンロードしたようです。

詳細不明ですが、testデータと同様、C785を、Enumに変更したようです。Separateの意味はよく分かりませんでした。

とりあえず、train.hex(trainのデータ?)のsummeryを表示したみたいです。60000行、785列となっています。28×28の0から255までのグレースケール画像の値と、そのラベルで785であり、画像とラベルのセットが60000個並んだ行列ということだと思います。

モデルの構築ということで、“Deep Learning”を選択した後、ごちゃごちゃいろいろやっているようです。おそらく、隠れ層は2層で、L1が128ノード、L2が64ノードなのだと思うのですが、間違っていたらすみません。モデルの可視化もしてくれると便利なのですが、そのような機能があるのかどうかはまだ調べて切れておりません。

こちらは結果の出力、保存のようです。

training_logloss, validation_loglossのグラフが表示されています。横軸がEpoch数、縦軸が損失関数の値となっています。

このグラフは、今回は、あまり意味がないような気がしますが、”Top-10 Hit Ratios for training and validation”だそうです。

上がtrainデータのConfusion Matrix、下がvalidationデータのConfusion Matrix。縦(行)に、正解のラベルが記載されており、今回の機械学習モデルで判定した結果が横に並んでいます。上のtrainデータでは、本当は“0”である993個の画像のうち、992個を“0”と判定し、1個を“4”と判定しているので、Errorは0.0010となっています。

とりあえず、MNISTサンプルコードの実行は以上となります。

保存しないと消えてしまうので、とりあえず、画面左上のSaveボタンを押して、保存しておきます。後で、どうやって呼び出すのかはまだ私には分かりません。

実際に、自分でいろいろ操作するときには、下図の、“Assist me”ボタンをクリックして、いろいろやっていくようです。

参考文献

http://antena.tokyo/h2o%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E4%BA%88%E6%B8%AC%E3%80%80%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%AA%BF%E6%95%B4%E3%81%8C%E5%88%86%E3%81%8B

H2Oを使った未来予測 その準備と具体的使い方について

2016/02/12 2016/03/18

→H2o.aiに関する数少ない日本語解説サイト。

http://h2o-release.s3.amazonaws.com/h2o/rel-tukey/2/docs-website/h2o-docs/index.html

https://github.com/h2oai/h2o-3/blob/master/h2o-docs/src/product/tutorials/dl/dl.md

https://github.com/h2oai/h2o-3/blob/master/h2o-docs/src/product/flow/README.md

→こちらは、初めてH2O.aiを使用する人のための解説らしいです。

http://docs.h2o.ai/h2o/latest-stable/h2o-docs/booklets/DeepLearningBooklet.pdf

PDFファイルです。英語です。訳わからない数式がたくさん出てきます。私には理解不能です。

リンク

次:

(未定)


目次

前:

機械学習ソフトH2O.ai

h2o.aiで手書き数字mnist分類.txt · 最終更新: 2018/10/07 (外部編集)