ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

機械学習とは

プログラミング無しで機械学習

機械学習プログラミング入門

初めてのKeras2.0

初めてのTensorflow(YouTube)

初めてのChainer2.0

初めてのビットコイン

ビットコイン用語集

初めてのSolidityプログラミング

初めての医療統計

初めてのエクセルで医療統計

初めてのEZRで医療統計

初めてのRStudioでレポート作成

初めてのImageJで画像解析

スマホアプリ作成ソフトIonic3

スマホアプリ作成ソフトIonic4

Ionicのためのjavascript tips

その他

NiftyCloudMobileBackend

税金など

Dokuwiki

sidebar

ionicのルーティング

Ionicのルーティング

Angularでは、

import { RouterModule, Routes } from '@angular/router';

してからルートを定義する。

これに対して、ionic3では、ルートを、定義することが少ない。が、一応できるらしい。しかし、バージョンアップにともない、今後も返納される可能性もあるらしい。

Ionic4でAngularのようなRoutingが出るかもしれない

Ionic3までは、AngularのようなRoutingがなかったのですが、以下の記事によると、Ionic4でAngularのようなRoutingが出るかもしれないとのことです。

https://www.joshmorony.com/using-angular-routing-with-ionic-4/

Angularのルーティング

Ionicより分かりやすい、Angularのルーティングの方法について先に学ぶとわかりやすいと思います。しかし、この記事に書いてあるIonic2の“DeepLinker”というものは、Ionic3には無さそうです。

https://qiita.com/kohashi/items/f424fb5dd897fc6317c9

Ionic3でAngularのルーティングを使用する方法

Angularのルーティングをふまえて、Ionic3では、以下の方法でAngularのルーティングを使用することができるそうです。しかし、できれば、ルーティングについては、Ionic4まで待ってもよいかもしれません。

https://www.joshmorony.com/using-angular-routing-with-ionic-4/

親コンポーネントと子コンポーネント

https://qiita.com/akisx/items/a64010d55d746837cb1c

@akisx
2017年08月22日に更新
Ionic3でLazy Loadingに対応する

ionic2では、

ionic g page xxx

で作られるページが4つであったのに対し、ionic3では、

xxx.module.ts

が作られなくなりました。上記サイトによると、ionicで親コンポーネント内に子コンポーネントを入れたい場合は、両方のコンポーネント内に、xxx.module.tsを作成する必要があるようです。

ionic3でAngularルーティングを作成するときも、この、xxx.module.tsが必要そうです。

リンク

https://qiita.com/kohashi/items/f424fb5dd897fc6317c9

@kohashi
2017年01月10日に更新
Angular2とIonic2でのルーティング

https://www.joshmorony.com/using-angular-routing-with-ionic-4/

Using Angular Routing with Ionic 4

Josh Morony · April 9, 2018

https://www.joshmorony.com/link-to-pages-via-urls-with-deep-linking-in-ionic/

Link to Pages via URLs with Deep Linking in Ionic

Josh Morony · January 25, 2018

ionicのルーティング.txt · 最終更新: 2018/10/07 (外部編集)