ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

機械学習とは

プログラミング無しで機械学習

機械学習プログラミング入門

初めてのKeras2.0

初めてのTensorflow(YouTube)

初めてのChainer2.0

初めてのビットコイン

ビットコイン用語集

初めてのSolidityプログラミング

初めての医療統計

初めてのエクセルで医療統計

初めてのEZRで医療統計

初めてのRStudioでレポート作成

初めてのImageJで画像解析

スマホアプリ作成ソフトIonic3

スマホアプリ作成ソフトIonic4

Ionicのためのjavascript tips

その他

NiftyCloudMobileBackend

税金など

Dokuwiki

sidebar

windowsでionic4を始める方法

WindowsでIonic4を始める方法

スマホアプリ(&スマホ用WEBページ)作成用フレームワークIonicを始める方法を記載させていただきます。

PWA(Progressive Web Apps)という考え方があり、Ionicで作成してPWA対応させたWEBページであれば、WEBページを閲覧するだけで、そのままスマホアプリとしてユーザーにスマホに保存してもらうことが可能だそうです。

開発環境

Windows 8.1 Pro(もちろんMacでもOKです)

今回構築する環境

VisualStudioCode

Node 10.14.1
Ionic CLI 4.6.0

なお、作成したアプリのpackage.jsonの一部を記載させていただきます。

"@angular/common": "~7.1.4"
"@ionic/angular": "4.0.0-rc.0"
"rxjs": "~6.3.3",

1.Node.jsのインストール

https://nodejs.org/ja/からインストーラー(左右に表示されていますが、左側の『LTS版』を選択してください)をダウンロードして、Node.jsをインストールします。

https://nodejs.org/ja/

慣れてきたら、Windowsの場合は、nvm-windowsというNode.jsのバージョン管理システムをインストールしてから、そちらからNode.jsをインストールしておくと、のちに、Node.jsをバージョンアップしたくなったときにスムーズです。

1.Node.jsのインストール

するのが一番簡単です。Node.jsのインストール後は、コマンドプロンプトで、

npm install -g ionic

と入力すれば、Ionic CLIがインストールされます。公式サイト

2.VisualStudioCodeのインストール

エディタ(メモ帳のようなIonicのコードを記載するためのソフト)は、無料のVisualStudioCodeがお勧めです。以下からインストーラーをダウンロードして、インストールします。

https://code.visualstudio.com/download

3.Ionic CLIのインストール

  1. C:/ドライブ直下に、c:/ionic4/フォルダを作成し、VisualStudioCodeでそのフォルダを開く。
  2. Ctrl+@でターミナルを開く
  3. 以下を入力
npm install -g ionic


以下のコマンドを入力すると、Ionic CLIがちゃんとインストールされたことが確認できます。

ionic -v

4.新規Ionic4アプリ(Angularベース)の作成

Ionic3まではJavascriptフレームワークとしてAngularが必須でした。しかし、Ionic4からは、Angularの他にもReactやVueが使用できるらしく、Ionic3までと同様にAngularを用いる場合は、ターミナルで、以下のように、最後に–type=angularを入力します。

ionic start myApp blank --type=angular


数分かかる。

? Install the free Ionic Appflow SDK and connect your app? (Y/n)と聞かれるので、n + Enter とする。(Yにすると、このあとかなり面倒。)


言われた通りに、下記コードを入力。

cd myApp
ionic serve

ブラウザが自動的に開いて、以下のようになる。

ちなみに、この時点で275MBの容量があります。

5.home.page.htmlの編集

src/app/home/home.page.htmlを編集してみます。

(変更前)

(変更後)

これで、Ionic4アプリ(Angularベース)を作成することができました。

サーバを停止したい場合は、VisualStudioCodeのcmd.exeの画面でCtrl+C, Y, Enter で停止することができます。サーバを停止しなくても、VisualStudioCodeでファイルなどを修正すると、それをionicが検知して、自動的に再コンパイルして、数十秒待つと、ブラウザの中身が更新されます。

基本的に、ターミナル(コマンドプロンプト)での操作は、すべて、Angularのものとなるので、Angular CLIのページを参考にしてよいと思います。

リンク

https://beta.ionicframework.com/docs/installation/cli
Ionic公式サイト

http://twosquirrel.mints.ne.jp/?p=26519
Ionic4.0.0-beta.0を試してみる
2018/7/27 2018/9/2

リンク

目次:Ionic4

前:

次:

windowsでionic4を始める方法.txt · 最終更新: 2019/02/10 by adash333