ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

機械学習とは

プログラミング無しで機械学習

機械学習プログラミング入門

初めてのKeras2.0

初めてのTensorflow(YouTube)

初めてのChainer2.0

初めてのビットコイン

ビットコイン用語集

初めてのSolidityプログラミング

初めての医療統計

初めてのエクセルで医療統計

初めてのEZRで医療統計

初めてのRStudioでレポート作成

初めてのImageJで画像解析

スマホアプリ作成ソフトIonic3

スマホアプリ作成ソフトIonic4

Ionicのためのjavascript tips

その他

NiftyCloudMobileBackend

税金など

Dokuwiki

sidebar

windowsにimagejをインストール

WindowsにImageJをインストール

以下の本を参考に、Windowsパソコンに、ImageJをインストールしてみます。
P270の付録1を参考に、Fijiというものをインストールしてみたい。
2014年から、ImageJ2というものがあるらしい。。。どっちをインストールするのかはこれから考えます。

開発環境

Windows8.1 Pro

今回構築した環境

ImageJ(Fiji)のインストール

ImageJ本体に、ある程度プラグインを付属したものが、Fijiというものだそうです。
初心者は、とりあえず、Fijiをインストールすればよいと思われます。

  • Windowsのマークの64bitの方をクリックして、インストーラーをダウンロードします。
  • インストーラーは、2019/4/14時点では、fiji-win64.zipという名前で、289MBあり、私の環境ではダウンロードに10分程度かかりました。
  • ダウンロードできたら、ダブルクリックして、ZIPファイルを解凍

  • 中身のFiji.appフォルダを、C:/software/ フォルダ(または、デスクトップ)に移動(コピー)
  • C:/software/Fiji.app/ フォルダの中の、ImageJ-win64.exe をダブルクリックすると、ImageJ(Fiji)が起動します。(特にインストールなどは必要ありません。)

  • 以下のようなツールバーが表示されます。このツールバーから、いろいろな操作を行うことになります。

ImageJ(Fiji)のプラグインのアップデートとインストール

ImageJではじめる生物画像解析(2016/3/26)のP13の、「解析の準備」に従い、Fijiでのプラグインのアップデートとインストールを行ってみます。

  • C:/software/Fiji.app/ImageJ-win64.exe をダブルクリックして、ImageJを起動。

  • Help > Update… をクリック

  • 自動的にUpdateされるので、しばらく待ちます

  • Updateが終了すると、以下のような画面になるので、画面左下の“Manage update sites”をクリック

  • Manage update sitesの画面が出てくるので、少し下の方へ行き、“CMCI-EMBL”のチャックボックスをONにします。


  • 画面右下の“Close”をクリックすると、以下のような画面になるので、画面下の“Apply changes”をクリック。
  • すると、数秒で以下のような画面になるので、“OK”をクリックします。

  • ImageJのメニューバーで、File > Quit をクリックして、ImageJを終了します。

  • C:/software/Fiji.app/ImageJ-win64.exe をダブルクリックして、ImageJを起動します。上記の操作により、ImageJのプラグインのアップデートと、CMCI-EMBLプラグインのインストールを行うことができました。

  • ImageJを起動すると、メニューバーの一番右に、“EMBL”という項目が増えています。

参考

Fiji Updaterについて
https://imagej.net/Updater

参考リンク

http://scienceandtechnology.jp/archives/25990
Image J / Fiji のダウンロード方法、インストール方法と使い方
2019/01/11 2019/04/05

リンク

windowsにimagejをインストール.txt · 最終更新: 2019/04/14 by adash333