ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

機械学習とは

プログラミング無しで機械学習

機械学習プログラミング入門

初めてのKeras2.0

初めてのTensorflow(YouTube)

初めてのChainer2.0

初めてのビットコイン

ビットコイン用語集

初めてのSolidityプログラミング

初めての医療統計

初めてのエクセルで医療統計

初めてのEZRで医療統計

初めてのRStudioでレポート作成

初めてのImageJで画像解析

スマホアプリ作成ソフトIonic3

スマホアプリ作成ソフトIonic4

Ionicのためのjavascript tips

その他

NiftyCloudMobileBackend

税金など

Dokuwiki

sidebar

z_blog:2018:181012_angular6_firestore_image

181012 Angular6でfirestoreに画像をアップロード

開発環境

Windows 8.1 Pro
Node v8.12.0
npm v6.4.1
VisualStudioCode

Firebaseのセットアップ

https://console.firebase.google.com/ にログインして、Firebaseアプリを新規作成する。

今回は、firebase-image という名前にしてみました。

下図の、var config = { } の中身をテキストファイルにコピーしておきます。

(後でAngular6アプリのsrc/environments/environment.tsにペーストします。)

Angular6アプリの作成

C:/ionic4/ フォルダをVisualStudioCodeで開き、Ctrl+@でコマンドプロンプトを開き、以下を入力。

npm install @angular/cli -g
ng new firebase-angular-gallery

C:/ionic4/firebase-angular-gallery/ フォルダをVisualStudioCodeで開き、Ctrl+@でコマンドプロンプトを開き、以下を入力。

npm install firebase-tools -g
npm install angularfire2 firebase --save
git init

galleryコンポーネントと、notificationコンポーネント、notificationサービスの作成

ng g c gallery --spec false
ng g c notification --spec false
ng g s notification-services --spec false

angular-bootstrap-mdのインストール

https://stackoverflow.com/questions/44998122/mdbootstrap-with-angular

本家GitHub

https://github.com/mdbootstrap/Angular-Bootstrap-with-Material-Design/blob/master/README.md

cssをscssにしなければいけないらしい。。。

ng set defaults.styleExt scss

angular.json の変更

src/styles.css を、src/styles.scss に名前を変更。

npm i angular-bootstrap-md --save
npm install -–save chart.js@2.5.0 font-awesome hammerjs

src/app/app.module.tsの変更

(変更前)

(変更後)

ng serve --open

Angular6アプリにfirebase configを設定

src/environment/environment.ts に、最初の方でコピーしたfirebaseのconfigの内容を、以下のようにペーストする。

src/app/app.module.ts の変更

src/app/app.component.html

各cssファイルをscssに変更。それに応じて、各tsファイル内の“.css”の部分を、“.scss”に変更。

src/app/app.component.html

(変更前)

(変更後)

src/app/app.component.scss

src/app/gallery/gallery.component.html

さらに、New Imageをアップロードするためのhtmlを追加

src/app/gallery/gallery.component.ts

(変更前)

(変更後)

gallery.component.ts の一部と、app/notification-services.service.tsを変更しても、

Error: Template parse errors: No provider for NgControl

が続いたので、上記エラーでググってみたら、https://stackoverflow.com/questions/48525216/getting-no-provider-for-ngcontrol-error-after-adding-reactiveformsmodule-to-my-a?noredirect=1&lq=1 とのことであったので、

src/app/app.module.ts を変更

なお、https://raw.githubusercontent.com/zendizmo/angular-firebase-gallery/master/src/assets/no-img.jpg

から、no-img.jpgをダウンロードして、src/assets/ フォルダに保存している。

Firebaseの設定

Database をクリックして進む。

一時的にルールを、誰でもread, write可とする。(後で必ず戻す)

Storage をクリックして進む。

一時的にルールを、誰でもread, write可とする。(後で必ず戻す)

これらの設定をすると、“Firestoreに接続できていませんよ。”というconsole上のエラーが消える。

Angular6にjQueryをインストール

全く分かりませんが、以下にしたがってやってみます。。。

https://stackoverflow.com/questions/30623825/how-to-use-jquery-with-angular

npm install --save jquery
npm install -D @types/jquery

とりあえず、これにより、gallery.component.tsで、

import * as $ from 'jquery';

しても、エラーが出なくなりました。

onUploadBtnClick()関数の実装

gallery.component.ts

これにより、Image Nameに何か文字を入れてからImageをクリックすると、コンピュータ内の画像を選択できるようになる。

(まだ選択しても、何もおこらない。)

onFileChange(event)関数の実装

onFileChange(event)関数の実装

gallery.component.ts

これで、コンピュータ内の画像を選択すると、No Imageとなっていたところに、選択された画像が表示されるようになる。

(まだFirebase Storageにはアップロードされない。)

onFileChange(event)関数の中の、startUpload()関数の実装

これで、コンピュータ内の画像を選択すると、

  1. No Imageとなっていたところに、選択された画像が表示され、
  2. しかも、自動的にFirebase storageにアップロードされ、
  3. さらに、Your Imagesのところに表示される

ようになる。これはすごい。

あと2つ、画像を加えてみた。

Firebase Consoleを見ると、ちゃんと、(1)画像はStorageにアップロードされており、(2)画像のアドレスと画像の名前の組み合わせもFirestoreに記載されている。

maximizeImage(image)関数とonDeleteClick(image)関数の実装

gallery.component.ts

この段階では、MAXIMIZEボタンや、ごみ箱ボタンをクリックしても、何も起こらない。

なんだが、どういう仕組みになっているのかさっぱりわからないが、とりあえず、ソースコードを写経してみる。

src/app/notification/notification.component.html

src/app/notification/notification.component.ts

写経したが、MAXIMIZEボタンや、ごみ箱ボタンをクリックしても、何も起こらない。。。

原因はよく分からない。さみしい。。。

MAXIMIZEボタンを押したときは、consoleに以下のようなエラーが表示される。

Firestoreを見に行ってほしいのに、http://localhost:4200/ を見に行ってしまっている。パス?がおかしい。

しかし、解決方法は見当もつかない。。。

写経元サイト

写経元サイトのGitHubからソースコードをダウンロードして実行

上記ソースコードをダウンロードしてnpm install して実行してみる。

git clone https://github.com/zendizmo/angular-firebase-gallery.git
cd angular-firebase-gallery
npm install
// src/environments/environment.ts に、自分のFirebaseのAPIキーをCopy and Paste
// angular.jsonの27行目を変更 "./node_modules/bootstrap/dist/css/bootstrap.min.css"
// angular.jsonの30行目を変更 "./node_modules/bootstrap/dist/js/bootstrap.min.js"
// angular.jsonの80行目を変更 "scripts": [ "./node_modules/jquery/dist/jquery.min.js" ],
// src/app/gallery/gallery.component.tsの140行目を変更       image.imageURL
ng serve --open

上記により、以下のように、おそらく、うまく動くと思われる。

関連ページ

z_blog/2018/181012_angular6_firestore_image.txt · 最終更新: 2018/10/16 by adash333