ユーザ用ツール

サイト用ツール


機械学習成果をwebで公開

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
機械学習成果をwebで公開 [2017/10/27]
adash333 [機械学習成果をWEBで公開]
機械学習成果をwebで公開 [2018/10/07] (現在)
行 5: 行 5:
 2017年10月現在、私が実行できたのが機械学習フレームワークKerasとWebアプリケーションフレームワークFlaskを用いて、Herokuにデプロイする方法でした。全て無料です。 2017年10月現在、私が実行できたのが機械学習フレームワークKerasとWebアプリケーションフレームワークFlaskを用いて、Herokuにデプロイする方法でした。全て無料です。
  
-超個人的意見として、プログラミング初心者が画像を機械学習したい場合は、Kerasがお勧めです。+超個人的意見として、プログラミング初心者が画像を用いて機械学習を行う場合は、Kerasがお勧めです。日本語のドキュメントがあり、誰が書いても同じコードになりやすく、いざとなれば英語の解説がWeb上にたくさんあるからです。
  
 (1)以下に、Keras+Flaskでりんごとオレンジの識別をするサイトの作り方を記載しましたので、ご覧ください。 (1)以下に、Keras+Flaskでりんごとオレンジの識別をするサイトの作り方を記載しましたので、ご覧ください。

機械学習成果をwebで公開.txt · 最終更新: 2018/10/07 (外部編集)