ユーザ用ツール

サイト用ツール


4_モデル学習_keras

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
4_モデル学習_keras [2017/11/17]
adash333 以前のリビジョンを復元 (2017/11/10)
4_モデル学習_keras [2018/10/07] (現在)
行 66: 行 66:
 y: ラベル,Numpy 配列. y: ラベル,Numpy 配列.
  
-batch_size: 整数.設定したサンプル数ごとに勾配の更新を行います。今回は、[[(3)モデル設定(Keras)]]のところで、batch_size = 128と設定していましたので、128が用いられています。+batch_size: 整数.設定したサンプル数ごとに勾配の更新を行います。今回は、<wrap hi>[[(3)モデル設定(Keras)]]</wrap>のところで、batch_size = 128と設定していましたので、128が用いられています。
  
-epochs: 整数で,モデルを訓練するエポック数。今回は、[[(3)モデル設定(Keras)]]のところで、epochs = 3と設定していましたので、3回学習が行われています。+epochs: 整数で,モデルを訓練するエポック数。今回は、<wrap hi>[[(3)モデル設定(Keras)]]</wrap>のところで、epochs = 3と設定していましたので、3回学習が行われています。
  
 verbose: 0とすると標準出力にログを出力しません. 1の場合はログをプログレスバーで標準出力,2 の場合はエポックごとに1行のログを出力します verbose: 0とすると標準出力にログを出力しません. 1の場合はログをプログレスバーで標準出力,2 の場合はエポックごとに1行のログを出力します
行 79: 行 79:
 KerasでのModel学習の手順は上記でおしまいです。 KerasでのModel学習の手順は上記でおしまいです。
  
-<wrap hi> +初めての方は、次は、<wrap hi>[[(5)結果の出力(Keras)]]</wrap>に進んでください。 
-初めての方は、次は、</wrap>[[(5)結果の出力(Keras)]]<wrap hi>に進んでください。 +
-</wrap>+
  
 (参考) (参考)

4_モデル学習_keras.txt · 最終更新: 2018/10/07 (外部編集)