ユーザ用ツール

サイト用ツール


nnc_sony_で回帰分析

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
nnc_sony_で回帰分析 [2019/10/20]
adash333 [参考]
nnc_sony_で回帰分析 [2019/10/20] (現在)
adash333 [NNC(Neural Network Console)(SONY)で回帰分析]
行 1: 行 1:
 ===== NNC(Neural Network Console)(SONY)で回帰分析 ===== ===== NNC(Neural Network Console)(SONY)で回帰分析 =====
 + ---// 2019/10/20 更新//
 +
 個人的に、画像から、数値を出したいとき、どのようにすればよいのか悩んでいました。 個人的に、画像から、数値を出したいとき、どのようにすればよいのか悩んでいました。
  
-しかし、2017年8月時点、KerasやTensorflowでは、MNISTやCifar-10など、画像の分類問題はたくさんコードが転がっているのですが、回帰分析のコードをググっても、写経できそうなコードは見つけられませんでした。+しかし、2017年8月時点、KerasやTensorflowでは、MNISTやCifar-10など、画像の分類問題はたくさんコードが転がっているのですが、回帰分析のコードをググっても、写経できそうなコードは見つけられませんでした。
  
-よく、分類問題のニューラルネットワーク最後のソフトマックス関数を、恒等関数にすればよいと書いてあるのをみかけが、なんか、どうしても実装できなませんでしたが、結局、損失関数 (loss function) として2乗和誤差 (mean squared error)を指定すればよいということが分かりました。+よく、分類問題のニューラルネットワーク最後のソフトマックス関数を、恒等関数にすればよいと書いてあるのをみかけますが、なんか、どうしても実装できなませんでした結局、損失関数 (loss function) として2乗和誤差 (mean squared error)を指定すればよいということが分かりました。
  
 以下のリンクに、Neural Network Consoleでの実装方法を記載しましたので、もしよろしければご覧ください。 以下のリンクに、Neural Network Consoleでの実装方法を記載しましたので、もしよろしければご覧ください。

nnc_sony_で回帰分析.txt · 最終更新: 2019/10/20 by adash333