ユーザ用ツール

サイト用ツール


pythonでファイルの読み書き

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

pythonでファイルの読み書き [2018/10/07] (現在)
行 1: 行 1:
 +===== pythonでファイルの読み書き"import os" =====
 +Chainerで自前の画像データで機械学習を行う場合、
  
 +  - 画像を収集して分類して保存(なるべくjpgファイルで収集)
 +  - 画像をグレースケール化(カラーのままのこともある)
 +  - 画像をリサイズ
 +  - chainerの、tuple_datasetで使用できる形に変換
 +
 +などの操作が必要であるが、上記で複数画像を一括して変換したり、numpy配列に変換して別のファイルとして保存するためには、pythonスクリプトでファイルの読み書きをできるようになっておく必要がある。このようなときは、osモジュールを用いる。
 +
 +==== 開発環境 ====
 +Windows8.1\\
 +Python 3.5\\
 +Anaconda 4.4.0 (64-bit)\\
 +Chainer 2.0\\
 +OpenCV3\\
 +
 +===== 見出し =====
 +(作成中)
 +
 +http://twosquirrel.mints.ne.jp/?p=20115
 +
 +をご覧ください。
 +
 +===== 参考文献 =====
 +
 +
 +===== リンク =====
 +pythonでフォルダ内のファイル一覧をパス無しで取得する\\
 +https://qiita.com/CORDEA/items/ee44799e5d029ce3aaac

pythonでファイルの読み書き.txt · 最終更新: 2018/10/07 (外部編集)