ユーザ用ツール

サイト用ツール


rnotebookで折れ線グラフ

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
rnotebookで折れ線グラフ [2017/12/16]
adash333 [参考文献]
rnotebookで折れ線グラフ [2017/12/22]
adash333 [R Notebookで折れ線グラフと誤差]
行 2: 行 2:
  
 基本的に、[[Excelで折れ線グラフと誤差]]に記載させていただいた方法でExcelを用いて描く法が圧倒的に早いです。しかし、見栄えを細かく設定したい場合は、Rを用いてグラフを描くとよいと思われます。かなり面倒ですが、慣れてくると、おそらく、楽しくなってくると思われます。 基本的に、[[Excelで折れ線グラフと誤差]]に記載させていただいた方法でExcelを用いて描く法が圧倒的に早いです。しかし、見栄えを細かく設定したい場合は、Rを用いてグラフを描くとよいと思われます。かなり面倒ですが、慣れてくると、おそらく、楽しくなってくると思われます。
 +===== 開発環境 =====
 +Windows 8.1 Pro (64-bit)\\
 +R Studio 1.1.383
  
 ===== 1.データの準備 ===== ===== 1.データの準備 =====
行 182: 行 185:
 次: 次:
 <wrap hi> <wrap hi>
-[[RNotebookRインインコード]]+[[ggplot2折れ線グ]]
 </wrap>\\ </wrap>\\
  

rnotebookで折れ線グラフ.txt · 最終更新: 2018/10/07 (外部編集)