ユーザ用ツール

サイト用ツール


windowsでpythonを始める方法2017年版

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

windowsでpythonを始める方法2017年版 [2018/09/18]
adash333 [とりあえずTensorflowを試してみたい人は]
windowsでpythonを始める方法2017年版 [2018/10/07]
行 1: 行 1:
-=====WindowsでPythonを始める方法2017年版===== 
  
-プログラミング不要のフリーソフトとして、2017年8月に[[neuralnetworkconsole_sony|Neural Network Console(SONY)]]が、さらに2017年11月に[[NeuralNetworkConsoleCloud(SONY)]]が公開されるまでは、機械学習を行うためには、Pythonというプログラミング言語を学ぶ必要がありました。 
- 
-また、上記ソフトが登場した後でも、画像処理など細かいことをしたいのであれば、やはり、Pythonは使用できるようにしておいた方が便利ですし、おそらく必要になると思われます。 
- 
-自分のパソコンでプログラミング言語Pythonを扱うことができるように準備をすることを「環境構築」といいますが、これが大変なことが多く、初心者の最初のハードルとなります。 
- 
-ここでは、簡単な方法から順に4つの方法を説明させていただきますが、機械学習プログラミングをするためには、最終的には、最後の(4)の方法ができるようになっておく必要があります。 
- 
-====(1)paiza.ioのオンラインのplayground(所要時間:約1分)==== 
- 
-数行のコマンドを試してみるだけならば、ブラウザ(Chrome、InternetExplorer、Firefoxなど)で、オンラインでpythonを実行できる以下のリンクがお勧めです。 
- 
-https://paiza.io/projects/new 
-{{:pasted:20170602-001656.png}} 
- 
-画面左上の選択するところをクリックして、「Python3」を選びます。 
- 
-{{:pasted:20170602-001901.png}} 
- 
-こちらの上の黒いところに、 
- 
-<code>print("Hello world!")</code> 
- 
-と記載してから、 
- 
-{{:pasted:20170602-002450.png}} 
- 
- 
-左下の緑色のボタン「Ctrl+Enter」を押すと、画面下に、以下のように、「Hello world!」と表示されます。 
-{{:pasted:20170602-002619.png}} 
- 
-そのあと、登録すれば無料の「paizaラーニング Python3入門編 (全4レッスン)」\\ 
-https://paiza.jp/works/python3/primer\\ 
-{{:pasted:20170602-011005.png}} 
- 
-を受講して、さらっとPython3の勉強をするのがおすすめです。 
- 
- 
- 
-====(2)cloud9のオンラインでの環境構築(所要時間:約30分)==== 
-cloud9という、オンラインのIDE(統合開発環境)があり、たとえば、Ruby on Railsという動的なサイトを作るときの最初の環境構築に重宝します。メールアドレスの登録のみで、無料で、結構なことができます。\\ 
-がしかし、今回はPythonで機械学習をすることが目的なので、機械学習関連で、Webサイトを試しに公開してみたい場合などに、利用するとよいと思いますが、最初はこの(2)は読み飛ばして、(3)を頑張ってください。(3)の方がやることは少ないです。 
- 
-{{:pasted:20170602-011348.png}} 
- 
-SignUpボタンをクリックして新規登録し(クレジットカード不要)、ダッシュボード(Workspaces)に行きます。 
- 
-{{:pasted:20170602-013324.png}} 
- 
-Create a new workdspace をクリックすると、以下のような画面になるので、 
-{{:pasted:20170602-013700.png}} 
- 
-Workspace nameを適当に入力し、Pythonを選択してから、Create workspaceをクリックします。 
-{{:pasted:20170602-014052.png}} 
- 
-この状態で1分くらい待つと、オンラインのIDE(統合開発環境)の画面になります。 
-{{:pasted:20170602-014227.png}} 
- 
-図の左側のあたりで、右クリック > hello.py という名前にします。 
-{{:pasted:20170602-021623.png}} 
-{{:pasted:20170602-021803.png}} 
- 
-hello.pyをダブルクリックすると、画面右側にhello.pyの中身(まだ何も記載無し)が表示されるので、 
- 
-<code>print("Hello world!")</code> 
- 
-と記載して、Ctrl+Sで保存。 
-{{:pasted:20170602-022216.png}} 
- 
-ここからが、だんだんとっつきにくくなってきますが、画面右下の「bash:(xxxxxx)-py」と書いてあるコンソール画面で、 
- 
-<code>python hello.py</code> 
- 
-と入力してEnterを押すと、以下のようになります。 
-{{:pasted:20170602-022503.png}} 
- 
-これで、pythonでhello worldという文字を表示したことになります。 
- 
-以下のサイトも分かりやすく書いてあるのでお勧めです。 
- 
-(参考) 
-侍エンジニア塾 たった3分で?!初心者向けPython開発環境構築3ステップ 2016年\\ 
-http://www.sejuku.net/blog/3766\\ 
-====(3)WindowsパソコンにAnacondaをインストール(所要時間:約40分間)==== 
- 
-Anacondaというパッケージソフトがあり、Windowsの場合は、以下のサイトからインストーラーをダウンロード(約500MB)して、インストールするだけです。ただ、インストールに20分くらいかかります。待っているだけです。 
- 
-ANACONDA 
-https://www.continuum.io/downloads#windows\\ 
-{{:pasted:20170602-023224.png}} 
- 
-インストールが終わったら、コマンドプロンプト(cmd.exe)を開き、 
-{{:pasted:20170602-025025.png}} 
- 
-以下のコードを順番に入力して、Enterを押していきます。 
- 
-<code> 
-cd c:\ 
-mkdir py 
-cd py 
-jupyter notebook 
-</code> 
- 
-{{:pasted:20170602-025405.png}} 
-{{:pasted:20170602-025812.png}} 
- 
-すると、30秒くらい待つと、自動的にブラウザ(できれば、既定のブラウザをChromeにしておくことが望ましいです)が開き、以下のような画面が出てきます。(最初は真っ白で、何もファイルはないと思います。)\\ 
-{{:pasted:20170602-025957.png}} 
- 
-そこで、画面右上の、New > Python[Root] をクリックします。\\ 
-{{:pasted:20170602-030126.png}} 
- 
-ブラウザの新しいタブが開いて、以下のような画面になるので、\\ 
-{{:pasted:20170602-030217.png}} 
- 
-In[ ] と書いてある右横の空欄に、 
- 
-<code>print("Hello world!")</code> 
- 
-と記載してから、Shift + Enter を押すと、以下のように、「Hello world!」と表示されます。\\ 
-{{:pasted:20170602-030612.png}} 
- 
-WindowsでPythonで機械学習を行う場合は、こちらのjupyter notebookで行うのが一番現実的だと思います。 
-もっと細かいことを行いたい場合には、(4)の、VirtualBox上にUbuntu14.04というOSをインストールして、その仮想環境の中でpythonその他を動かしていくことになりますが、最初は、しばらくは、この(3)の方法で十分だと思います。 
- 
-===Anacondaのpythonのversionについて注意点(2017年6月時点)(Tensorflowとの関連)=== 
-蛇足ですが、2017年6月時点で上記方法でAnacondaをインストールすると、Python 3.6がインストールされます。しかし、Tensorflow 1.0(Googleが提供する機械学習ライブラリ)は、Python3.5に対応しており、Python3.6に対応していないため、Tensorflowを使いたくなった場合には、 
- 
-<code>conda create -n tensorflow python=3.5</code> 
- 
-により、python 3.5の仮想環境を構築して、そちらで作業を進める必要があります。\\ 
-もしくは、以下から、Anaconda3-4.1.1-Windows-x86_64.zipをダウンロードして、Anaconda4.1.1 (64-bit)をインストールしてしまうというやり方もあります。 
- 
-(参考) 
-Tensorflow導入(Win/Anaconda環境) 
-kiyoneet 
-2017年05月28日に更新\\ 
-http://qiita.com/kiyoneet/items/435375e86aa2bf2992f2 
- 
- 
-====(4)VirtualBox上でUbuntu14.04を動かしてAnacondaをインストール(所要時間:1時間から数日)==== 
- 
-Vagrantを用いる方法と、Vagrantを使用しない方法がある。Vagrantを使用した方が、のちのちは楽なのであるが、一番最初に、Ubuntu14.04のVagrant boxのダウンロードに3時間くらいかかるところが難点である。 
- 
-===Vagrantを使用しないでUbuntu14.04をインストール=== 
-Windows7にUbuntuDesktop14.04(VirtualBox)をインストール 
-2017/5/26\\ 
-http://twosquirrel.mints.ne.jp/?p=17580 
- 
- 
-===Vagrantを使用してUbuntu14.04をインストール=== 
- 
-「Pythonクローリング&スクレイピング」を写経してみる(1)第1章「クローリング・スクリピングとは何か」 
-2017/5/29\\ 
-http://twosquirrel.mints.ne.jp/?p=17877 
- 
- 
- 
-=====とりあえずTensorflowを試してみたい人は===== 
- 
-無料のGoogleアカウントさえあれば、Google Colaboratory 
- 
- 
- 
-A Neural Network Playground\\ 
-http://playground.tensorflow.org/\\ 
-=>正直、使い方が分かりませんが、[[https://deepage.net/tensorflow/deep_learning/2017/02/06/tensorflow-playground.html|こちらのサイト]]に解説があるようです。 
- 
-3ステップでゼロから機械学習を始める(Anaconda+Keras)\\ 
-http://qiita.com/shu_barie/items/2e87dffc89357d46673f\\ 
-Windows10で、とりあえずTensorfrowをHello Worldしたい人にお勧め。 
- 
- 
-=====Pythonの勉強法===== 
- 
-こちらのサイトがおすすめです。無料の範囲で十分です。  
- 
-Progate\\ 
-https://prog-8.com 
- 
-CODEPREP\\ 
-https://codeprep.jp 
- 
-SoloLearn\\ 
-https://www.sololearn.com\\ 
-=>英語ですが、スマホアプリが秀逸です。おすすめです。 
-=====Python導入後、機械学習フレームワークの導入へ===== 
-Pythonの環境構築ができたら、次は、機械学習フレームワークのインストールを行います。 
-===== リンク ===== 
-次: 
-<wrap hi> 
-[[Windowsで機械学習フレームワークを導入する方法]] 
-</wrap>\\ 
-[[sidebar|目次]]\\ 
-前: 
-<wrap hi> 
-[[index.html|機械学習って何?]] 
-</wrap>\\ 

windowsでpythonを始める方法2017年版.txt · 最終更新: 2018/10/07 (外部編集)