スポンサーリンク

Keras, Python, 機械学習

以下のサイトを実行してみる前に、VGG16について試してみる。

KerasでVGG16に関する解説のサイトが見つかった。

2017-01-04
KerasでVGG16を使う

(ソー

AI, Python

PythonのWAF(Web Application Flamework)といえば、DjangoかFlaskであるが、Falconという、WebAPI専用のWAFもあるらしい。

フロントエンドを別に作成しなければならないが ...

AI, Keras, Python, 機械学習

前回、Keras+Flaskで構築したアプリをローカルサーバで動かすところまではやった。

今回は、Herokuにデプロイしてみたい。なお、今回は、以下の、手書き数字MNISTの分類(グレースケール画像としてMLPモデルで学 ...

AI, DeepLearning, Keras, Python, 機械学習

先に、こちらのスライドがとても分かりやすいので読んでみる。

画像認識モデルを作るための鉄板レシピ

keras dataset 作り方 でググっても見つけられなかったのだが、こういうときはあきらめて英語で検索するしか ...

AI, DeepLearning, Python, 機械学習

公式サイトは、わけのわからないバイナリファイルしかダウンロードできないので、jpgファイルで欲しいと思ったりする。

Kaggleというサイトに登録すれば、似たようなものをダウンロードできるらしい。

やってみる。 ...

Heroku, Python

herokuにFlaskアプリをデプロイする
msrks
2017年05月10日に更新

2017-01-29
コマンドでHerokuを操作する Heroku CLI のインストール

Python

Jinja2の使い方がわかるとFlaskを用いた開発がよりスマートになる
ryo2851
2016年07月15日に更新

<templates/index.html>

{%

AI, Keras, Python

なんか、Chainerで自作データできたのかと思っていたが、どこがどう間違ったのか、できていなかった。

できる目途がたたないので、Kerasを見てみる。

以前、リンゴとオレンジを判別することはできた。(写経した ...

AI, Chainer, Python

今までの復習。まとめてみる。

本来、MNISTとは手書き数字の28×28ピクセルのグレースケール画像のセットであるが、KerasやChainerでMNISTデータを扱う場合、最初から画像データが、数値データに変換 ...

AI, Chainer, DeepLearning, Keras, Python, 機械学習

pythonで機械学習をしていると、import numpyとかよく出てくる。

プログラミングど素人の私にはさっぱりわからないので、少しずつまとめていきたい。

<python一般>

“i ...

スポンサードリンク