サルでもわかるWEBプログラミング

フリーソフトのみでホームページ作成

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

サルでもわかる機械学習

sidebar

20.vue.jsとaxiosで名前一覧を表示:index.html


20.Vue.jsとaxiosで名前一覧を表示

Vue.jsでWeb APIを利用するときは、axiosを利用するのがよいそうです。

axiosに慣れるために、以下のサイトを写経してみたいと思います。

https://sourceacademy.work/#/vuejs/vueUseAxios

すること

  1. ランダムに名前の一覧を返してくれるhttps://randomuser.meを利用して、名前一覧を表示する

今回は、https://sourceacademy.work/#/vuejs/vueUseAxiosを写経してみたいと思います。

ソースコード
https://codesandbox.io/s/x73xqx9p1o

DEMO

開発環境

パソコン
Chrome(くろーむ、WEBブラウザの一つ)
GitHubアカウント作成済み(無料)

パソコンは、Windowsパソコンでも、Macでも、かまいませんが、私の場合はWindows 10 Proとなります。

今回利用するもの

CodeSandbox
Vue 2.5.2
Vuetify
firebase

CodeSandboxで新規Vue.jsアプリを作成

最初に、CodeSandbox上で、新規Vue.jsアプリを作成し、CSSフレームワークVuetifyが利用できるように設定します。

  1. https://codesandbox.io/へ行き、画面右上の、『Create Sandbox』をクリック
  2. Vue をクリック
  3. Add Dependencyから、Vuetifyをインストール
  4. index.htmlの編集
  5. src/main.jsの編集

index.htmlと、src/main.jsは、以下をコピペします。

以上で、Vue.jsで、Vuetifyを利用する準備ができました。

Vuetifyのテンプレートを適用

src/App.vueに、以下のコードをコピペします。

これで、App.vueの土台が出来上がりました。

Vue.jsにaxiosをインストールしてWeb APIの情報を取得してリスト表示

  1. Add Dependencyから、axiosをインストール
  2. App.vueにaxiosをインポート
  3. axiosを用いてAPI通信
  4. APIで取得した値を画面に表示

App.vue
(変更前)

(変更後)

今回は以上となります。

ソースコード

ソースコード
https://codesandbox.io/s/x73xqx9p1o

DEMO

Vue.jsとaxiosに関するリンク

https://qiita.com/FrozenVoice/items/cbfa6d3f611a87b57cf4
@FrozenVoice
2018年07月30日に更新
Vue.jsからaxiosで適当なjsonデータを取得して表示する

https://www.webopixel.net/javascript/1471.html
CDN版Vue.js + axios でさくっとAjaxしてみる
Posted: 2018.12.14

https://simple-it-life.com/2017/12/11/vuejs/
Published 2017年12月11日 by tomsato
Vue.jsのサンプルを見ながら理解を深めていく ~ 入門の次のサンプルを見たい人用 ~

https://qiita.com/s-kaoruko/items/2441e016cea947d190e6
@s-kaoruko
2018年12月15日に投稿
diffeasy Advent Calendar 201815日目
Vue(Vuex, axios) + ExpressでRESTful APIに超入門する

https://www.webprofessional.jp/fetching-data-third-party-api-vue-axios/
Vue.jsとAxiosなら驚くほど簡単に作れる!外部APIを使ったWebアプリの実例
2017/06/13 Olayinka Omole

リンク

目次:

前:

次:


20.vue.jsとaxiosで名前一覧を表示/index.html.txt · 最終更新: 2019/02/08 by adash333