スポンサーリンク

DjangoGirlsTutorialをやってみる(4)Herokuにデプロイ

DjangoGirlsTutorialをやってみる(3)

前回、Herokuにデプロイができなかったので、以下の方法tryしてみる。

2016-08-28 Heroku と django
http://iuk.hateblo.jp/entry/2016/08/28/195132

(環境)
Windows8.1
Anaconda4.1.1(python 3.5.2)

(1)cmd.exe を「管理者で実行」で開き、

cd c:/py/djangogirls
activate root

(2)HerokuからDjango1.9 一式をダウンロード。

django-admin startproject --template=https://github.com/heroku/heroku-django-template/archive/master.zip --name=Procfile  myproject

[sourcecode language=”python”]
django-admin startproject –template=https://github.com/heroku/heroku-django-template/archive/master.zip –name=Procfile myproject
[/sourcecode]

image

これで、c:/py/djangogirls/ の下に、myprojectフォルダが作成され、以下のようなファイル構成となっている。

image

README.md を読むと、あとは、いつも通りにデプロイできるの、、、かな?

(3)以下に従い、タイムゾーンの変更と、migrationデータベースの設定(sqlite)

http://twosquirrel.mints.ne.jp/?p=8885

image

python manage.py migrate

image

python manage.py runserver

image

image

ブラウザで、127.0.0.1:8000 を開くと、以下のように表示される。

image

一度、Ctrl+C でサーバを止めておく。

(4)blogアプリの作成

DjangoGirlsTutorialをやってみる(2)

に従い、やっていく。

python manage.py startapp blog

myproject/settings.py の変更。
image

blog/models.py の変更
https://djangogirlsjapan.gitbooks.io/workshop_tutorialjp/content/django_models/index.html のコピペ。)
image

python manage.py makemigrations blog
python manage.py migrate blog

image

(5)Django admin

https://djangogirlsjapan.gitbooks.io/workshop_tutorialjp/content/django_admin/

にしたがってやる。

blog/admin.py の変更
image

python manage.py runserver

ブラウザで、 http://127.0.0.1:8000/admin/ と入力

image

Ctrl + C で、一度serverを止めてから、

python manage.py createsuperuser
image

python manage.py runserver

ブラウザで、 http://127.0.0.1:8000/admin/ と入力。上記ユーザ名とパスワードでログインして、ポストを3個くらい登録。

image

(6)Herokuにデプロイ

README.mdを読むと、以下のように書いてあるので、その通りにやってみる。

image

git init
git add -A
git commit -m “Initial commit”

image
image

heroku create
git push heroku master

image

上記の青いアドレスをメモしておく。

image

できた、、、のか?

heroku run python manage.py migrate

image

どきどきしながら、ブラウザで青いアドレスを入力して開いてみる。
(今回は、floating-beach-54856.herokuapp.com )

image

/admin を開いてみる。

image

このままだとログインできないので、cmd.exeの方で、以下を入力して、ユーザ名とパスワードを設定。

heroku run python manage.py createsuperuser

image

/admin から、上記で設定したユーザ名とパスワードでログイン。

image

これで、Django1.9を、herokuにデプロイすることができた!

次は、引き続き、以下をやってみたい。

https://djangogirlsjapan.gitbooks.io/workshop_tutorialjp/content/django_urls/

スポンサーリンク