スポンサーリンク

GoogleColaboratoryでいきなりR環境構築

統計を行うためのプログラミング言語Rを使うためには、RとRStudioをインストールするのが一般的です。

それでもよいのですが、GoogleColaboratoryを用いてオンラインでRを使用する方法について試してみたいと思います。

スポンサードリンク

開発環境

Windows10 (OSは何でもOK)
Chrome
VisualStudioCode
Googleアカウント

GoogleColabolatoryにログインして新規ファイル作成

https://colab.research.google.com/ へ行き、Googleアカウントでログインすると、以下のような画面になるので、

『PYTHON3の新しいノートブック』

をクリック

以下のような画面になるので、画面左上の、Untiltedxxx.ipynb をクリックして、名前を好きなものに変更します。

今回は、

191010_001.ipynb

という名前に変更しました。

すると、自分のGoogleDriveの中に、

Colab Notebooks

というフォルダが作成され、 191010_001.ipynb というファイルが自動的に保存されていることが確認できます。

ipynbファイルをVisualStudioCodeで開いて編集

C:/gdrive/Colab Notebooks/191010_001.ipynb をVisualStudioCodeで開きます。

これの、

"kernelspec":{"name":"python3","display_name":"Python 3"}

となっている部分を、

"kernelspec":{"name":"ir","display_name":"R"}

に変更します。

Ctrl+S で保存してから閉じます。

変更後のipynbファイルをGoogleColaboratory上で再度開く

Chromeで https://colab.research.google.com/ へ行き、191010_001.ipynbを開くと、Rが使用できるようになっています。試しに、以下を入力して、Shift+Enterで実行してみます。

library(tidyverse)
mtcars %>% head

自分のパソコンでRStudioを用いて計算するより、多少スピードは遅めですが、環境構築はすごく簡単だし、クラウドにデータも保存できて、とても便利です。お勧めです。

今後、GoogleColabolatory上で、以下の本を写経していきたいなと思います。

自前のcsvデータをアップロードして取り込む方法

画面左側の”>”ボタンをクリックすると

目次、コードスニペット、ファイル のタブが出てくるので、『ファイル』をクリック

アップロード をクリックして、取り込みたいcsvファイルをアップロードします。今回は、

191009_糖尿病_001.csv

というファイルをアップロードしてみます。

ID,age,sex,DM,height,weight
1,56,M,1,169,60
2,77,F,1,156,69
3,68,M,0,178,67
4,81,F,1,165,71
5,72,M,0,178,67
6,65,M,0,167,53
7,68,F,0,156,50

以下のように、ファイル タブ内に 
191009_糖尿病_001.csv  が表示されます。

画面右側のところに、以下のRのコードを入力して、Shift+Enterを押して、アップロードしたファイルを読み込んでみます。

read_csv("191009_糖尿病_001.csv")

以下のようなコードも実行できます。

x <- read_csv("191009_糖尿病_001.csv")
summary(x)

GoogleColaboratoryでRプログラミングを行う際のデメリット

自分で統計を行う分には、GoogleColabolatoryで十分だと思います。他人に統計結果を見せるときは、RStudioで”knit to HTML”で、htmlファイルを作成した方が、テーブルやグラフなどのデータを全部1個のhtmlファイルにして、それを添付ファイルでメールするのが楽です。

参考文献

RStudioのインストール


https://qiita.com/nozma/items/cbfffb223ef8155d04bf
@nozma
2019年04月10日に更新
ColaboratoryでRやSwiftを使う



https://www.marketechlabo.com/google-colaboratory-with-r/
Google ColaboratoryでRを使う


スポンサーリンク