サルでもわかるWEBプログラミング

フリーソフトのみでホームページ作成

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

サルでもわかる機械学習

sidebar

00.stencil:index.html


Webコンポーネント作成ツールStencil

2019/09/15 更新

Stencilとは、Webコンポーネントを作成するためのツール(コンパイラ)だそうです。

https://stenciljs.com

何を言っているのかさっぱり分かりませんね。私もよく分かりませんが、特定のフレームワークに依存せずに、フォームやナビゲーションバーなどの、『再利用可能なWebページ作成用の部品』を作成するためのツールみたいなもの、と、私は認識しています。

将来性があるのかさっぱり分かりませんが、なんか面白そうなので、Stencilを用いた簡単なアプリを写経していきたいと思います。

参考:Stencilって何?Ionicにどういう影響があるの?(Takeshi Amano, Oct 6, 2017)

Stencil 目次

ソースコードとDEMOサイト

開発環境

2019年9月現在、残念ながら、CodeSandboxでは簡単にStencilを利用することはできません。
Angular、ReactやVue.jsと異なり、自分のパソコンで環境構築をする必要があります。
当サイトではWindows10パソコンを利用します。

Windows 10 Pro (1803)
VisualStudioCode 1.37.1
git version 2.20.1.windows.1
nvm-windows 1.1.7
node 12.2.0
npm 6.9.0
yarn 1.16.0 

Windows10にnvm-windowsをインストールする方法についてはこちらが参考になります。
nvm-windowsでnodejsのバージョンを上げる方法についてはこちらをご覧ください。

Windows10でStencilアプリの開始

2019年6月に@stencil/coreがVersion 1.0になりました。そのため、2019年6月以前のTutorialを写経しても、うまく動かないことがあります。なるべく、2019年6月以降の記事を調べた方がよいと思われます。

C:/stencil/ フォルダ内に、stencil-starter-app/ という名前のアプリを作成することにします。

C:/stencil/ フォルダを右クリックして、『Open with Code』をクリックして、VisualStudioCodeで開き、Ctrl+@でターミナル画面を出します。次に、以下を入力して新規stencilアプリを作成します。

npm init stencil

3つの選択肢が表示されますが、上から2番目の“app”を選択して、Enterを押します。

?Project name と聞かれるので、“stencil-starter-app”と入力して、Enterを2回押します。

次に、開発サーバを起動してみます。
ターミナル画面で、以下を入力します。
(2019/9月時点で“npm install”)

cd stencil-starter-app
npm install
npm start


自動的にブラウザが開いて、以下のように表示されます。

開発サーバを停止するときには、ターミナル画面で、Ctrl+C ⇒ y + Enter とします。

GitHubにpush

上記で作成したデフォルトのStencilアプリをNetlifyにデプロイするために、GitHubにpushします。

GitHubにログインして、新規リポジトリを作成(stencil-starter-appという名前にしました)

上記を参考にしながら、ターミナル画面で、以下を入力します。

git init
git add .
git commit -m "first commit"
git remote add origin https://github.com/adash333/stencil-starter-app.git
git push -u origin master

この状態で、もう一度、GitHubの該当ページ(今回は、https://github.com/adash333/stencil-starter-app)をリロードすると、以下のようにちゃんとソースコードがアップロードされていることが確認できます。

Netlifyにdeployデプロイ

上記のGitHub経由でNetlifyにデプロイして公開します。

https://www.netlify.com/ へログインしたのち、画面右上の、“New Site from Git” をクリックします。

GitHub をクリック。

検索欄にstencil-starter-app と入力して、Enterを押し、該当のリポジトリをクリック。

Deploy settingsの画面になるので、

  1. Build commandを、npm run build
  2. Publish directoryを、www

にして、Deploy site ボタンをクリックします。

1分ほど待つと、以下のような画面になるので、リンクをクリックします。

上記により、https://relaxed-euclid-7d8e25.netlify.com/ に公開できました。

次回は、このStencilアプリのファイル構造と中身のコードを見ていきたいと思います。
01.stencilアプリのファイル構造

参考リンク

https://www.joshmorony.com/building-a-pwa-with-stencil-project-structure-and-syntax/
Building a PWA with Stencil: Project Structure and Syntax
BY JOSH MORONY | LAST UPDATED: SEPTEMBER 03, 2019
→非常に参考になります。他のStencilやIonicのチュートリアルもお勧めです。

リンク

目次:このページ

次:01.stencilアプリのファイル構造


00.stencil/index.html.txt · 最終更新: 2019/09/25 by adash333