サルでもわかるWEBプログラミング

フリーソフトのみでホームページ作成

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

サルでもわかる機械学習

sidebar

21.pwa_progressivewebapps_の作成方法:index.html


PWA(ProgressiveWebApps)の作成方法

WebアプリをPWA化すると、AndroidスマホにAndroidアプリのようにホーム画面に追加することができ、オフラインでも動作することができるようになります。

一般的なPWAの作り方

https://qiita.com/umamichi/items/0e2b4b1c578e7335ba20
@umamichi
2019年06月27日に更新
PWA 入門 〜iOS SafariでPWAを体験するまで〜 2019年7月更新

  1. HTTPS対応
  2. manifest.jsonの設置
  3. Service Workerを有効にする

具体的には、

  1. NetlifyなどのHTTPS対応サイトにデプロイする
  2. manifest.jsonを設置
  3. icon-256.pngの設置
  4. icon-192.pngの設置
  5. service-worker.jsを設置
  6. index.htmlの編集

manifest.jsonの例

{
  "name": "PWA Sample",
  "short_name": "PWA",
  "background_color": "#fc980c",
  "icons": [{
      "src": "./icon-256.png",
      "sizes": "256x256",
      "type": "image/png"
    },{
      "src": "./icon-192.png",
      "sizes": "192x192",
      "type": "image/png"
    }],
  "start_url": "./?utm_source=homescreen",
  "display": "standalone"
}

service-worker.jsの例

// service-worker.js
self.addEventListener('install', function(e) {
  console.log('[ServiceWorker] Install');
});

self.addEventListener('activate', function(e) {
  console.log('[ServiceWorker] Activate');
});

// 現状では、この処理を書かないとService Workerが有効と判定されないようです
self.addEventListener('fetch', function(event) {});

index.htmlの<head></head>内に、以下を記載

  <!-- manifest.jsonを呼び出しています -->
  <link rel="manifest" href="./manifest.json">
  <script>
    // service workerが有効なら、service-worker.js を登録します
    if ('serviceWorker' in navigator) {
      navigator.serviceWorker.register('./service-worker.js').then(function() { console.log('Service Worker Registered'); });
   }
  </script>

写経元サイト:https://qiita.com/umamichi/items/0e2b4b1c578e7335ba20
@umamichi
2019年06月27日に更新
PWA 入門 〜iOS SafariでPWAを体験するまで〜 2019年7月更新

WebサイトをPWA化する方法のリンク

リンク


21.pwa_progressivewebapps_の作成方法/index.html.txt · 最終更新: 2019/08/23 by adash333