スポンサーリンク

ionic, Ionic4, Javascript, Stencil

Sencil.js入門のために写経しているビットコイン価格表示アプリ。前回は、レイアウトについて学びました。

今回は、引き続き、Part 4: Routing and Forms (this tutorial)を写経してい ...

Javascript, Stencil

前回は、localStorage利用のTodoアプリを途中まで作成しました。

とりあえず、別のStencilアプリを写経して『ビットコイン価格表示アプリ』を作成してみたいと思います。

Stencilでビットコイン価格 ...

Flutter

Google製のスマホアプリ作成フレームワークFlutterですが、2019年9月に、正式にWEBアプリ作成に対応したとのニュースを聞いて、やってみたくなりました。

言語はDartという新しい言語だそうです。

...

Rails, Rails6, Ruby, Windows10

JavaScriptの勉強をしていて、もう一度、オブジェクト指向について、学んでみる必要性を感じました。2017年に出版された以下の本を、もう一度読み返してみるために、Windows10にRubyをインストールしてみようと思います。

ImageJ

ImageJは便利そうなプラグインがいろいろありますが、環境構築するより前に、手動で数えた場合が早い場合が多々あります。

画像の中の特定の細胞の数などを手動でカウントしたい場合は、メニューバーの、

Plugin ...

ionic, Ionic4, Javascript, Stencil

Stencilとは、Webコンポーネントを作成するためのツール(コンパイラ)だそうです。

何を言っているのか自分でもよく分かりませんが、特定のフレームワークに依存せずに、フォームやナビゲーションバーなどの、 ...

Javascript, Vue

以前、Vue.jsとLeaflet.jsとOpenStreetMapで現在位置を地図で表示するPWAを作成してみました。

今回は、このアプリを複数ページにして、1ページ目で現在地を地図で表示し、2ページ目で、1分おきに歩い ...

Ionic4

前回はVue.jsで現在地を地図表示してみました。

今回は、同じことをIonic4でやってみたいと思います。

開発環境

Windows 10 Pro 1803
nvm-windows 1.1.7

Javascript

現在地を地図で表示するアプリを作成したいのですがGoogleMap APIはクレジットカードを登録しないといけない可能性が高く、無料プランがない(最初から従量課金で、無料範囲はあるけれども自動で課金されそうで怖い)ので、OpenStr ...

Capacitor, Ionic4, PWA

こちらのサイトを写経したら、簡単にAndroidスマホで現在の緯度と経度を取得することができました。PWA化してNetlifyにデプロイしていますので、Androidスマホにインストールしてオフラインで使用することもできます。詳細は、 ...

スポンサードリンク