サルでもわかるWEBプログラミング

フリーソフトのみでホームページ作成

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

サルでもわかる機械学習

sidebar

00.初めての医療統計rとezr:09.tibbleとdata.frame


09.tibbleとdata.frame

初めての医療統計RとEZR

通常のRでは、データを格納する形式としてdata.frameを用います。

tidyverseパッケージでは、tibbleと呼ばれる表を用います。

data.frameの使い方

# データを直接入力
id <- c(1,2,3,4,5)
sex <- c("M","F","M","M","F")
height <- c(174,160,169,184,158)

# data.frame()関数
patient_table <- data.frame(id=id, sex=sex, height=height)

# data.frameの表示
patient_table

# summary関数
summary(patient_table)

# 列の取り出し
x = patient_table$height
x

参考
https://qiita.com/14021939/items/3436a153119bb88d49df
@14021939
2013年10月29日に投稿
Rのデータフレーム(data.frame)について

http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r/39.html
39. データフレーム事始

tibbleの使い方(tidyverseパッケージが必要)

data.frameであるxをtibbleに変換するときは、

# tidyverseパッケージ
library(tidyverse)

# Rにデフォルトで入っているirisデータ
x <- as_tibble(iris)
x
# tidyverseパッケージ
library(tidyverse)

# データを直接入力その1 tibble()関数
patient_tibble <- tibble(
  id = c(1,2,3,4,5), 
  sex = c("M","F","M","M","F"), 
  height=c(174,160,169,184,158)
)

# データの表示
patient_tibble

# summary関数
summary(patient_tibble)

# 列の取り出し
x = patient_table$height
x

# データを直接入力その2 tribble()関数
patient_tibble <- tribble(
  ~id, ~sex, ~height,
  #--|-----|-------- 
  1, "M", 174,
  2, "F", 160,
  3, "M", 169,
  4, "M", 184,
  5, "F", 158,
)
patient_tibble

Windowsのメモ帳で、以下のように入力し、patients.csv という名前で保存します。(csvファイル、カンマ)

1, "M", 174,
2, "F", 160,
3, "M", 169,
4, "M", 184,
5, "F", 158,

patients.csv ファイルをRを実行するファイルと同じフォルダに保存しておきます。
通常は、『ドキュメント』フォルダの中となります。

# tidyverseパッケージ
library(tidyverse)

# データをcsvから入力 read_csv()関数
patients_tibble <- read_csv("patients.csv")
patients_tibble

参考
https://www.medi-08-data-06.work/entry/how_to_use_readr0224
2019-02-24
データの読み込みは{readr}にお任せを

tibbleに関するリンク

https://opur.club/textbook/2018-2-2/
Lesson 2-2: データフレーム・tibble
2018/10/15

お勧めの本

リンク


00.初めての医療統計rとezr/09.tibbleとdata.frame.txt · 最終更新: 2020/07/24 by adash333