サルでもわかるWEBプログラミング

フリーソフトのみでホームページ作成

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

サルでもわかる機械学習

sidebar

00.初めての医療統計rとezr:20.rでラベルつき散布図


20.Rでラベルつき散布図

参考リンク

https://id.fnshr.info/2017/03/19/ggrepel/
ggplot2 パッケージによる可視化の際のラベルの重なりを防ぐ

ggplot2(tidyverse)に加えて、
ggrepel パッケージを使う

  1. エクセルで元データbook20.xlsxを作成し、csv(コンマ区切り、UTF-8)で保存。book1.csvという名前で保存。(WindowsのR Studioではcsv(コンマ区切り)で保存)
  2. GoogleColabで新規Rファイルを作成(Googleログインしてから、こちらのページを別名で保存)
  3. ggrepelパッケージのインストール
  4. book1.csvのアップロード
  5. tidyverseパッケージ中の、read_csv()でbook1.csvを読み込む
  6. ggplot2で散布図を描画
  7. ggrepelパッケージのgeom_text_repel()でラベル表示

book20.xlsx

install.packages( "ggrepel" )
library("ggrepel")

library(tidyverse)
ggplot(USArrests, aes(x = UrbanPop, y = Rape, label = rownames(USArrests))) +
  geom_point() +
  geom_text_repel()

library(tidyverse)
library("ggrepel")

d <- read_csv("book1.csv")
d

ggplot(d, aes(x = height, y = weight, label = name)) +
  geom_point() +
  geom_text_repel()


見出し


00.初めての医療統計rとezr/20.rでラベルつき散布図.txt · 最終更新: 2021/02/10 by adash333