サルでもわかるWEBプログラミング

フリーソフトのみでホームページ作成

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

サルでもわかる機械学習

sidebar

00.ionic4:01.windowsでionicを始める方法


WindowsでIonicを始める方法

2019/02/10 更新
ころころVersionが変わるので、注意が必要です。

2019年2月時点での、インストール方法を記載させていただきます。

Ionicをインストールするためには、Node.js 6以上が必要ですので、以下の順番でインストールを行います。今回は、エディタとして、筆者の趣味で、VisualStudioCodeも一緒にインストールします。以下の画面は、Windows 8.1 Proの画面ですが、Windows7やWindows10でもほぼ同じです。

Ionic3のときのものですが、このページを動画にまとめてみました(約6分)。

すること

  • Ionic4アプリを作成し、GitHub経由でNetlifyにデプロイして公開する

ソースコード
https://github.com/adash333/ionic4-tabs

DEMO
https://wizardly-bassi-9cce21.netlify.com/

開発環境

Windows 8.1 Pro
Git for Windows

Git for Windowsのインストールについては、https://qiita.com/elu_jaune/items/280b4773a3a66c7956fe の通りに行いました。

今回構築した環境

node v10.14.2
ionic-CLI 4.10.2
cordova 8.1.2 (cordova-lib@8.1.1) 

WindowsにIonic4をインストールする流れ

  1. Node.jsのインストール
  2. VisualStudioCodeのインストール
  3. Ionicとcordovaのインストール
  4. ionic4でHello world!する。(アプリの作成)
  5. GitHubにアップロード
  6. GitHub経由でNetlifyにデプロイ

Node.jsのインストール

https://nodejs.org/ja/

上記のv10.15.1 LTS をクリックしてダウンロード(約16.5MB)。ダウンロードしたファイル(node-v10.15.1-x64.msi)をダブルクリックして、指示に従ってインストールします。

途中、許可を求められたら、「許可する」をクリックします。

VisualStudioCodeのインストール

https://code.visualstudio.com/download

上記のWindows をクリックしてダウンロード(約46.7MB)。ダウンロードしたファイル(VSCodeUserSetup-x64-1.31.0.exe)をダブルクリックして、指示に従ってインストールします。

Ionicとcordovaのインストール

今回は、C:\ドライブ直下にionicという名前のフォルダを作成し、その中に、ionicアプリを作成していくこととします。

C:\ionic\ フォルダの中で、右クリックで、「Open with code」をクリックすると、VisualStudioCodeが起動して、以下のような画面になります。

Ctrl+@ を押すと、右下の方にcmd.exeが出てきます。

このcmd.exeの画面で、

npm install -g ionic cordova

と入力して、Enter.

かなり長い時間待ちますが、我慢です。インストールが終了した後、

ionic -v

と入力して、Enterすると、以下のようにionic-cliがインストールされたことが分かります。

Ionic4でHello world!する。(アプリの作成)

ターミナル画面で以下を入力します。

ionic start myApp

矢印キーで一番下の、tabs を選択した状態にしてから、Enterを押すと、以下のような画面になります。


? Link this app to your Ionic Dashboard to use tools like Ionic View? と聞かれても、とりあえず、n + Enterを押しておきます。

作成したアプリの起動を行います。

cd myApp
ionic serve

とすると、以下のように表示されて、

その後、自動的にブラウザが開いて、以下のような画面が表示されます。

これであなたもIonic4デビューです!

なお、サーバを停止するときは、VisualStudioCodeのcmd.exeの画面で、Ctrl+Cを押して、Y+Enterを押すと、サーバを停止することができます。

なお、この時点で、405MBもの大きさがあります。1個で0.5GBとは、10個アプリを作ると5GBですから、作成中であないアプリはGitHubやBitBucketにアップロードするなどして、ディスク容量に気をつけないといけないと感じました。

GitHubにアップロード

GitHubアカウントは持っているものとします。GitHubアカウントの作成方法については、このサイトについてをご覧ください。

  • https://github.com/に行き、ログインしたのち、画面右上の『+』をクリック > 『New Repository』をクリック

  • Repository nameのところに、ionic4-tabs と入力し、Create repositoryをクリック

  • 以下のような画面になります。

  • その中でも、この後、以下のコードの一部を利用します。

  • ローカルパソコンのVisualStudioCodeのターミナル画面に戻り、以下を入力します。(https://github.com/…のところは、上記画面のご自身用のコードをコピペしてください。)
git add .
git remote add origin https://github.com/adash333/ionic4-tabs.git
git push -u origin master

  • GitHubの画面を更新すると、以下のようになります。

Netlifyにデプロイ

  • 画面右上の『New site from Git』をクリック

  • GitHub をクリック

  • Authorized の画面が出てから、以下のような画面に切り替わるので、今回は、“ionic4-tabs”をクリック


  • 以下のように、npm run build --prodwww/と入力して、Deploy site をクリックします

  • 次の画面で何分か待つと、うまくいくと、デプロイが完了して、リンクが表示されるので、画面上の方のリンクをクリック

  • すると、無事、サイトが公開されます。このサイトは、自分のスマホなどでもアクセスすることができます。


https://wizardly-bassi-9cce21.netlify.com/

以上となります。

ソースコード

オプション:nvm-windowsでNode.jsのバージョン管理

Node.jsもバージョンアップが繰り返されますが、npmが複数存在していると、npm update npmをしても、バージョンアップがうまくいかないことがあります。そのため、私は、nvm-windowsというNodejsのバージョン管理システムを用いています。

参考:https://mosapride.com/index.php/2018/04/23/post-810/

  • 以下のリンクから、最新版のnvm-setup.zipをダウンロード

https://github.com/coreybutler/nvm-windows/releases

  • 解凍して、中身のexeファイルをダブルクリックして起動し、指示に従ってインストール。

  • 念のため、Windowsを再起動
  • VisualStudioCode(コマンドプロンプトでもOK)で適当なフォルダを開き、Ctrl+@でコマンドプロンプトを起動。(WSLなどに変更している場合は、Ctrl+Shift+Pshellと入力し、defaultをcmd.exeにしておく)
nvm -v
nvm list available


  • LTS(Long Term Support=安定版)のうち、一番新しいバージョンを指定してインストールします
nvm install 10.15.1
nvm use 10.15.1

上記の操作により、Windows10に、Node.js 10.15.1をインストールしたことと同じことになりました。

ここに、yarn, ionic, cordovaをインストールしておきます。

npm install -g yarn
npm install -g ionic cordova

今回構築した環境

Windows10
nvm-windows 1.1.7
Node 10.15.1
npm 6.4.1
yarn 1.13.0
ionic@4.10.2
cordova@8.1.2

リンク


00.ionic4/01.windowsでionicを始める方法.txt · 最終更新: 2019/02/12 by adash333