サルでもわかるWEBプログラミング

フリーソフトのみでホームページ作成

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

サルでもわかる機械学習

sidebar

00.vue用デザインフレームワークvuetify:05.vuetifyでheaderヘッダーとfooterフッター


05.Vuetifyでheaderヘッダーとfooterフッター

Vuetifyでは、ヘッダーはtoolbarという名前になっています。フッターはfooterです。
https://vuetifyjs.com/en/components/toolbars

https://vuetifyjs.com/en/components/footer

メニュー

レスポンシブtoolbarとfooter

https://codepen.io/kematzy/pen/oMgrjE/をCodeSandboxで写経してみます。

CodeSandboxで新規Vue.jsアプリを作成後、以下の3操作を行う。

  1. Add Dependencyから、Vuetifyをインストール
  2. index.htmlの編集
  3. src/main.jsの編集

  • src/App.vueを編集

以下のようになります。
ソースコード
https://codesandbox.io/s/14ry9r3lll
外観

Vuetifyでレスポンシブなヘッダー(toolbar)その2

以下のLayoutsの“Baseline”を、CodeSandboxで記載してみたいと思います。

https://vuetifyjs.com/ja/framework/pre-made-layouts

これから作るもの
ソースコード
https://github.com/adash333/Vue_Vuetify_Layout_baseline
DEMO
https://codesandbox.io/s/o4k30zkm0y

CodeSandboxのVue.jsアプリ上でVuetifyを利用できるための準備

  1. CodeSandboxで新規Vue.jsアプリを作成
  2. Add Dependencyから、vuetifyをインストール
  3. index.htmlの<head></head>内に、“Material+Icons”を読み込む
  4. src/main.jsで、vuetifyとvuetify.cssをimportして、Vue.use(Vuetify);する。

index.htmlの追加コード

// </head>の直前に以下を挿入
<link href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Roboto:300,400,500,700|Material+Icons" rel="stylesheet"/>

src/main.jsの追加コード

import Vuetify from "vuetify";
import "vuetify/dist/vuetify.css";

Vue.use(Vuetify);

上記の3つの作業を行えば、src/App.vueや、その配下のcomponentで、Vuetifyを使用できます。

src/App.vueの変更

https://github.com/vuetifyjs/vuetify/blob/master/packages/docs/src/examples/layouts/baseline.vue
のコードを、src/App.vueにコピペします。

(変更前)

(変更後)

しかし、これでは、Contactをクリックしても、Contactページに飛びません。。。

Vue Routerのインストール

  1. Add Dependencyからvue-routerをインストール
  2. src/router.jsの新規作成
  3. src/main.jsでrouter.jsを設定

src/router.js

import Vue from 'vue'
import VueRouter from 'vue-router'

//プラグインとして登録
Vue.use(VueRouter)

src/main.jsに追加するコード

import router from './router'

// new Vueの中に記載
router,

参考:https://embed.plnkr.co/plunk/HFL4Pk6ohOM7lwRC

参考2:https://codepen.io/wernerm/pen/LjggoV

src/components/Home.vueとContact.vueの作成と、router.jsの変更



src/router.js

import Vue from "vue";
import VueRouter from "vue-router";

// ルート用のコンポーネントを読み込む
import Home from "./components/Home.vue";
import Contact from "./components/Contact.vue";

//プラグインとして登録
Vue.use(VueRouter);

// VueRouterインスタンスを生成
const router = new VueRouter({
  // URLのパスと紐づくコンポーネントをマッピング
  routes: [
    { path: "/", component: Home },
    { path: "/Contact", component: Contact }
  ]
});

// 生成したVueRouterインスタンスをエクスポート
export default router;

// 参考:基礎から学ぶVue.js
// https://cr-vue.mio3io.com/

Vue.jsにMaterial Design Iconを導入

Material IconsとMaterial Design Iconsは別物らしく、公式サイトにmdi-codepenと記載されているアイコンは、Material Design Iconsだそうなのですが、そのままでは表示されません。
https://vuetifyjs.com/ja/framework/iconsを見て、Material Design Iconsをインストールしようとしましたが、私の実力ではうまくいきませんでした。(かなりググったのですが、Vuetifyで、デフォルトのMaterial Iconsに加えて、Material Design Iconsを同時に使用する方法が分かりませんでした。)仕方がないので、vue-material-design-iconsを使用してみたいと思います。

  1. Add Dependencyからvue-material-design-iconsをインストール
  2. src/main.jsの変更
  3. src/App.vueでimport

src/main.js

import "vue-material-design-icons/styles.css"

src/App.vue

// template内
<codepen-icon />

// script内
import CodepenIcon from "vue-material-design-icons/Codepen.vue"
 
components: {
  CodepenIcon
}



少しだけsrc/App.vueを変更

参考:https://www.npmjs.com/package/vue-material-design-icons
アイコンのリスト:https://materialdesignicons.com/
Importするときの名前の付け方は、以下を参考。

アイコンの大きさなどの変更の仕方がよくわからなかったので、今回は、なんと<h1>で囲んていますが、明らかにやり方間違っています。。。デモキニシナイ、、、

ソースコード
https://github.com/adash333/Vue_Vuetify_Layout_baseline
DEMO
https://codesandbox.io/s/o4k30zkm0y

Vuetifyでレスポンシブなヘッダー(toolbar)その3

以下のコードをCodeSandboxで写経してみたいと思います。
https://codepen.io/atgarbett/pen/QOZoyg

これから作るもの
ソースコード

DEMO

Vuetifyでレスポンシブなヘッダー(toolbar)のリンク

https://codepen.io/kematzy/pen/oMgrjE/

https://freitech.xsrv.jp/hobby/2018/06/19/post-221/
20180619
Vuetifyのv-list-tileでページリンクさせたい
→探していたのはこれ!


00.vue用デザインフレームワークvuetify/05.vuetifyでheaderヘッダーとfooterフッター.txt · 最終更新: 2019/04/30 by adash333