サルでもわかるWEBプログラミング

フリーソフトのみでホームページ作成

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

サルでもわかる機械学習

sidebar

vue:nuxt.jsとbulmaでハンバーガーメニュー


Nuxt.jsとBulmaでハンバーガーメニュー

WEBサイトのデザインとして、「レスポンシブデザイン」というものがあります。

パソコンで見るときは、メニューが左右に並んでいて、スマホで見ると、メニューが折りたたまれて、ハンバーガーのような横線3つのボタンなどになる、アレが、「レスポンシブデザイン」の代表例と言えると思います。

今回は、Nuxt.jsにBulmaを組み込んだら、Vuexストアが理解できた件(@isamusuzuki 2018年05月03日に更新)をほぼ写経するかたちで、

パソコンでサイトを見ると、ナビゲーションバー(画面の一番上)に、メニューが横並びに表示
スマホででサイトを見ると、画面右上側にハンバーガーメニューを表示して、クリックするとメニューが縦に表示

されるようなサイトを作り、GitHub経由でNetlifyにデプロイ(アップロード)して、WEBサイトを公開します。

開発環境

Windows 8.1 Pro
VisualStudioCode
nvm-windows 1.1.7
node v10.14.1
npm 6.4.1
@vue/cli 3.2.1

Nuxt.jsアプリ(Bulma)の作成

C:/vue/ フォルダに、Nuxt-Bulma-Hamburger2 アプリを作成する。

C:/vue/ フォルダをVisualStudioCodeで開き、Ctrl+@でコマンドプロンプトを開き、以下を入力

npx create-nuxt-app Nuxt-Bulma-Hamburger2
//いろいろ聞かれるが、UI flameworkで、bulmaを選択
//rendering modeはSingle Page Appを選択

cd Nuxt-Bulma-Hamburger2
npm install
npm run dev
//下の方に出てくる、http://localhost:3000 を、Ctrlを押しながらクリック

Nuxt.jsアプリ作成後のファイル構造

Nuxtアプリ新規作成後のファイル構造は、以下のようになっている。

今回は、pages, components, layouts, storeの4つのフォルダの中身を編集していく。

AboutページとContactページの作成

pages/about.vue (新規作成)

pages/about.vue を新規作成すると、自動でルーティングが設定されて、localhost:3000/about に表示されます。

class=“hero is-primary is-bold などは、CSSフレームワーク「Bulma」の表記方法です。

参考:https://bulma.io/documentation/overview/colors/

同様に、Contactページも作成する。

pages/contact.vue (新規作成)

GitHubに登録

https://github.com/にログインして、Nuxt-Bulma-Hamburger2という名前で、新規リポジトリを作成。

上記の記載の一部にしたがって、VisualStudioCodeのコマンドプロンプトで、以下を入力します。git remote add … のところは、それぞれのGitのアドレスを入力してください。

(以前、シークレットキーを登録したり、ログインしたりした記憶があるが、やり方は忘れてしまいました。。。)

git add .
git commit -m "make about and contact page"
//以下のgitのアドレスは、それぞれのものを入力してください
git remote add origin https://github.com/adash333/Nuxt-Bulma-Hamburger2.git
git push -u origin master

ここまでのソースコード

https://github.com/adash333/Nuxt-Bulma-Hamburger2/tree/72d7c91a751c80f60c2e3465ca9e3189f1f6c0d3

ナビゲーションバーのComponentを作成

Bulmaフレームワークを利用して、レスポンシブなナビゲーションバーを作成する。

コンポーネントは、名前の通り、components/xxx.vueというような名前で、components/フォルダに作成する。

components/Navbar.vue (新規作成)

参考:https://bulma.io/documentation/components/navbar/

Navbarコンポーネントを、レイアウトファイルに取り付ける。

具体的には、 layouts/default.vue を以下のように変更する。

(変更前)

(変更後)

ブラウザの横幅を1023px以上に広げると以下のような感じになる。

(Navbar.vueのトップ を HOME に変更した。)

ブラウザの横幅(px, pixel)に応じて、ハンバーガーメニューが表示されたり、されなかったりするBulmaの仕様を利用しています。

https://bulma.io/documentation/components/navbar/

Bulmaのtouch deviceとは、横幅が1023px以下とのことだそうです。

もうちょっと横幅が小さくなってからハンバーガーメニュー出してほしいのですが、やり方は分かりませんでした。

https://bulma.io/documentation/overview/responsiveness/

ここまでのソースコード(変更点):
https://github.com/adash333/Nuxt-Bulma-Hamburger2/commit/87ad1cfd1126d09cb0d8a6590ada0fa9badc14a9

ハンバーガーメニューをトグル(クリックするとメニューを表示)するようにする

components/Navbar.vue

<div class=“navbar-burger”>に、@click=“toggleMenu”を追加して、クリックしたらメニューが出てくる(toggle)するようにtoggleMenu関数を定義。

<div class=“navbar-burger”>と、<div class=“navbar-menu”>に、:class=”{'is-active': isMenuActive}“を追加。

これで、ブラウザの横幅が1023px以下のときにハンバーガーメニューが出て、それをクリックすると、メニューが表示されるようになる。

しかし、この時点では、メニューの中のリンク先をクリックしても、トグルされたメニューが開いたままになってしまって閉じてくれない。

そこで、Vuexという状態管理システムを用いて、リンク先をクリックすると、自動的にトグルが閉じるようにする。

ここまでのソースコード(変更点):https://github.com/adash333/Nuxt-Bulma-Hamburger2/commit/7faf1f2870f9e35a1ecd65025a38f9fe4efb2eb7

Vuexストアを設定してトグルONとOFFをstoreに定義

Vuexシステムを利用するために、store/フォルダ下に、新たにindex.jsを作成し、以下のように記載する。

store/index.js (新規作成)

storeに、isMenuActive (True or False)の状態を定義しておいて、

  1. ハンバーガーメニューをクリックしたらON、OFF
  2. リンクをクリックしてページ遷移したらOFF

となるようにしておきます。

components/Navbar.vue

<div class=“navbar-burger”>を、以下のように変更

//変更前
@click="toggleMenu" :class="{'is-active': isMenuActive}"
//変更後
@click="$store.commit('toggleMenu')" :class="{'is-active': $store.state.isMenuActive}"

<div class=“navbar-menu”>を、以下のように変更

//変更前
:class="{'is-active': isMenuActive}"
//変更後
:class="{'is-active': $store.state.isMenuActive}"

また、Navbar.vueの<script></script>の中身は全て削除する。

Vuexについて

状態管理システムVuexの構造についての絵を、以下に貼り付けておきます。

https://vuex.vuejs.org/ja/

データの流れが、Vue Components ⇒ Actions ⇒ Mutations ⇒ State ⇒ Vue Components というように一方向らしいです。。。

大事なことは、状態をStateに定義しておき、MutationによってのみStateは変更される、ということらしいです。。。

<nuxt-link>経由で特定のページに移動したときのNuxt.jsアプリの動作として、fetch()メソッドを呼び出す。というものがあるとのことなので、indexページ、aboutページ、contactページの<script>のところに、以下のコードを追加します。

<script>
export default {
  fetch ({store}) {
    store.commit('resetMenu')
  }
}
</script>

stateとかstoreとか言葉がたくさん出てきて間違えやすいので、タイプミスに注意です。

pages/index.vue (変更後)

一度、ターミナル画面でCtrl+Cでサーバを停止し、もう一度、npm run devを入力。

ちゃんとうまくいった。

pages/about.vue (変更後)

pages/contact.vue (変更後)

他のページへ移動しても、ちゃんとハンバーガーメニューは閉じてくれた。

ここまでのソースコード(変更点):https://github.com/adash333/Nuxt-Bulma-Hamburger2/commit/182c2f27a8980bb12657e5022f04b2cc0338e0ae

NuxtサイトをNetlifyにデプロイ

公式サイトの通りに、NetlifyからGitHub経由でデプロイする。

https://ja.nuxtjs.org/faq/netlify-deployment/

Netlifyでの画面は以下のようになる。

Nuxt.jsに関するリンク

https://luftgarden.work/tut-nuxt-dog-part1/
2018年5月3日
Nuxt.js で簡単な画像一覧アプリを作成する – Part.1

出来上がったサイトとソースコード

出来上がったサイト

https://fervent-bardeen-1c8ad6.netlify.com/

幅を狭くすると、以下のようにハンバーガーメニューが出て、クリックするとリンク先が表示される。

ソースコード

https://github.com/adash333/Nuxt-Bulma-Hamburger2

Vuexについて理解するためのお勧めの本

Vuex、正直難しいです。昔、私はReduxは挫折しました。しかし、以下の本を最初から読んでいくと、なんとなく、Vuexが少しわかった気にはなれます。

Vue.jsのコードを理解するためにも、以下の本は非常におすすめです。@vue/cli 3対応です。

写経元サイト


vue/nuxt.jsとbulmaでハンバーガーメニュー.txt · 最終更新: 2019/01/01 by adash333