サルでもわかるWEBプログラミング

フリーソフトのみでホームページ作成

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

サルでもわかる機械学習

sidebar

00.ionic4:11.ionicとleafletで地図表示


11.IonicとLeafletで地図表示

Webアプリで地図を表示したいときに、LeafletというJavaAcriptライブラリを用いて、OpenStreetMapを利用するのが便利です。Ionicを用いなくても、Leafletは利用することができ、普通のhtmlファイルにLeafletjsを読み込んで、すぐに地図を表示することができます。
(GoogleMapは非常に便利そうですが、使用するために登録が必要ですし、使用しすぎると有料になってしまう恐れがあります。)

https://leafletjs.com/

以下のサイトを写経してみたいと思います。

http://edupala.com/how-to-add-leaflet-map-in-ionic-4/
How to add Leaflet Map in Ionic -4 or Angular

https://qiita.com/uedayou/items/30f88d88238f648e8ee6
@uedayou
2018年07月09日に更新
Angular6とLeafletで地図を表示する

ソースコードとDEMOサイト

ソースコード

DEMOサイト

開発環境

Windows 10 Pro 1803
nvm-windows 1.1.7
node 12.2.0
npm 6.9.0
ionic@5.2.7
git version 2.17.1.windows.2

Node.jsをインストールした状態で、npm install -g ionic@latestでIonic CLIをインストールしています。

nvm --version
nvm list
npm install -g ionic@latest
ionic -V

今回のアプリ作成の流れ

以下の予定です。

  1. 新規Ionic4アプリ作成(GPSを利用するためcapacitor入り)
  2. leafletのインストール
  3. leaflet+openstreetmapで地図を読み込み
  4. capacitorのgeolocationAPIで現在地を取得
  5. 現在地を地図に表示
  6. アプリのPWA化
  7. Netlifyにデプロイ

新規Ionic4アプリ作成

C:/ionic/ フォルダをVisualStudioCodeで開き、Ctrl+@でコマンドプロンプトを開き、以下を入力します。
後で、CapacitorのGeolocationを利用したいので、--capacitorオプションをつけておきます。
5分くらいかかります。

ionic start ionic4-leaflet-map-gps tabs --type=angular --capacitor

次に以下を入力して、一旦、Ionic4アプリを起動してみます。

cd ionic4-leaflet-map-gps
ionic serve

いったん、Ctrl+C ⇒ y + Enter でサーバを停止します。
さらに、VisualStudioCodeを閉じます。

leafletのインストールと初期設定

アプリに地図表示ライブラリであるleaflet.jsをインストールします。

C:/ionic/ionic4-leaflet-map-gps/ フォルダをVisualStudioCodeで開き、Ctrl+@でコマンドプロンプトを開き、以下を入力します。

npm install leaflet --save

angular.json の

"assets": 
"styles":

の最後のところに、以下のように追加します。

(変更前)

(変更後)

Tabテンプレートの設定

Ctrl+@で ionic serveして開発サーバを起動しておきます。

src/app/tabs/tabs.page.html を編集します。

(変更前)

(変更後)

地図の表示(tab1.page.html)

Tab1でLeafletを用いて地図を表示します。

src/app/tab1/tab1.page.html(ソースコード
(変更前)

(変更後)

src/app/tab1/tab1.page.ts(ソースコード
(変更前)

(変更後)

この時点でのソースコード
https://github.com/adash333/ionic4-leaflet-map-gps/tree/65a5a6ea888867c51cf1e3452bdca0bbdade1345

@types/leafletを--save-devでインストールしてアイコンを表示

なぜかアイコンが表示されないので、https://qiita.com/uedayou/items/30f88d88238f648e8ee6 を参考に以下のようにやってみます。

npm install @types/leaflet --save-dev

angular.jsonの設定(参考:こちらのコード)

CapacitorのGeolocationを用いて現在地を表示

通常のhtmlファイルであれば、Chromeなどのブラウザに付属しているGeolocation APIを用いればよいらしいのですが、今回はCapacitorのGeolocationというものを用います。

https://qiita.com/spice/items/22811539d3561bd1e73c

https://qiita.com/uedayou/items/30f88d88238f648e8ee6

https://github.com/Asymmetrik/ngx-leaflet

https://www.javascripttuts.com/using-leaflet-open-street-map-in-an-ionic-application-in-one-go/

を見ながらいろいろやったのですが、うまくアイコンを表示することができなかったので、結局、以下の方法で行いました。

  1. ““npm install leaflet””
  2. ““npm install @types/leaflet –save-dev””
  3. C:\ionic\ionic4-leaflet-map-gps\node_modules\leaflet\dist から、images/ フォルダを、C:\ionic\ionic4-leaflet-map-gps\src\assets フォルダにコピー&ペーストする
  4. angular.jsonを編集(assets と styles)
  5. tab1.page.tsからは以下のように呼び出す
import { Component } from '@angular/core';
import * as L from 'leaflet';

@Component({
  selector: 'app-tab1',
  templateUrl: 'tab1.page.html',
  styleUrls: ['tab1.page.scss']
})
export class Tab1Page {
  map: any;

  ionViewDidEnter() { 
    // 地図表示
    this.map = L.map('map').setView([35.685988,139.753947], 15);
    L.tileLayer('https://{s}.tile.openstreetmap.org/{z}/{x}/{y}.png', {
      attribution: '&copy; <a href="https://www.openstreetmap.org/copyright">OpenStreetMap</a> contributors'
    }).addTo(this.map);
    L.marker([35.685988,139.753947], {
      icon: L.icon({
         iconSize: [ 25, 41 ],
         iconAnchor: [ 13, 41 ],
         iconUrl: 'assets/images/marker-icon.png',
         shadowUrl: 'assets/images/marker-shadow.png'
      })
   }).addTo(this.map);
  }

  /** Remove map when we have multiple map object */
  ionViewWillLeave() {
    this.map.remove();
  }
}

リンク


00.ionic4/11.ionicとleafletで地図表示.txt · 最終更新: 2019/09/03 by adash333