ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

機械学習とは

プログラミング無しで機械学習

機械学習プログラミング入門

初めてのKeras2.0

初めてのTensorflow(YouTube)

初めてのChainer2.0

初めてのビットコイン

ビットコイン用語集

初めてのSolidityプログラミング

初めての医療統計

初めてのエクセルで医療統計

初めてのEZRで医療統計

初めてのRStudioでレポート作成

初めてのImageJで画像解析

スマホアプリ作成ソフトIonic3

スマホアプリ作成ソフトIonic4

Ionicのためのjavascript tips

その他

NiftyCloudMobileBackend

税金など

Dokuwiki

sidebar

imagej:02_画像から数値へ

02_画像から数値へ

以下の本の指示に従ってやってみます。

開発環境

Windows 8.1 Pro

演習②

正規化。。。

16bit画像(各ピクセルの値が0-511の512段階)を、8bit画像(各ピクセルの値が0-255の256段階)に変換するとき、
Edit > Option > Conversion
を選び、“Scale When Converting”をONにせずに、正規化が行われないようにすると、
変換前の16bitの画像で256以上であった値は、変換後の8bitの画像で全て255に変換されるので、
画像の多くのピクセルの値が255になり、画像がほぼ真っ白になってしまう。

“Scale When Converting”をONにしておけば、画像変換時に“正規化”が行われて、
いい感じに画像が変換される。

普通のヒトが認識できる階調の精度は、8bit以下とのことです。

ImageJ Macroによるピクセル値へのアクセス

Language > IJ1 Macro

getPixel関数

Run をクリック すると、以下のような表示になる。

setPixel関数

setPixel(100, 150, 30000);
updateDisplay();

座標は、右にx、下にyらしい。

今回写経した本

リンク

imagej/02_画像から数値へ.txt · 最終更新: 2019/04/14 by adash333