ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

機械学習とは

プログラミング無しで機械学習

機械学習プログラミング入門

初めてのKeras2.0

初めてのTensorflow(YouTube)

初めてのChainer2.0

初めてのビットコイン

ビットコイン用語集

初めてのSolidityプログラミング

初めての医療統計

初めてのエクセルで医療統計

初めてのEZRで医療統計

初めてのRStudioでレポート作成

初めてのImageJで画像解析

スマホアプリ作成ソフトIonic3

スマホアプリ作成ソフトIonic4

Ionicのためのjavascript tips

その他

NiftyCloudMobileBackend

税金など

Dokuwiki

sidebar

chainer2機械学習成果をwebで公開

文書の過去の版を表示しています。


Chainer2機械学習成果をwebで公開

前回までで、公式Githubのtrain_mnist.pyを解説しながら、chainer2プログラミングの流れを追ってきました。

機械学習結果をWebで公開する流れとしては、以下のようになります。

  1. train_mnist.pyの最後の方にモデルパラメータの保存のコードを追加
  2. train_mnist.pyを再度実行
  3. WebアプリケーションフレームワークFlaskのコードであるserver.pyの作成
  4. templates/フォルダとstaticフォルダの作成
  5. templates/フォルダ下にindex.htmlを作成
  6. ローカル環境(自分のパソコン)でserver.pyを実行して、Webブラウザで動くことを確認
  7. (Heroku、AWSやさくら)デプロイして、Webで公開

具体的な方法は、以下の記事の後半をご覧下さい。(自分のパソコンでserver.pyを実行するところまでとなります。)

「Chainer v2による実践深層学習」を写経してみる(1)MNIST-NN

http://twosquirrel.mints.ne.jp/?p=20034

見出し

リンク

chainer2機械学習成果をwebで公開.1508531770.txt.gz · 最終更新: 2018/10/07 (外部編集)