ユーザ用ツール

サイト用ツール


imagej:03_数値から画像へ

文書の過去の版を表示しています。


03 数値から画像へ

例えば、3×3の、8bit(各ピクセルは0-255の256通りの値を取りうる)のテキストファイルがあったとする。

0 85 170
40 40 255
0 40 170

これを画像化するためには、

『どの数値を、どの色に対応させるか』

を決めるための対応表である、ルックアップテーブル(Look-Up Table; LUT)またはカラーマップというものを決める必要がある。

よくあるLUT(Lookup Table)は、『グレースケール』であるが、カラー対応のLUTを使用して数値の配列を画像化すると、数値の配列をカラー画像化することができるとのことです。

演習① LUT(Lookup Table:カラーマップ)を使った画像表示

  • File > Open Samples > cell Colony(31K) をクリック

  • すると、以下のような8bit(各ピクセルが、0-255の256種類の数値で表される)のグレースケール画像が表示されます。

  • Image > Duplicate で、画像を複製します。


  • 下のような画面になるので、Cell_Colony-1.jpgを選択した状態で、Image > Lookup Tables > 16_colors をクリック


  • すると、以下のようなカラー画像となります。

  • なお、使用しているLUT(Lookup Table:カラーマップ)による、各輝度値に対する色の割り当ては、Image > Color > Show LUT で見ることができる。

今回写経した本

リンク

imagej/03_数値から画像へ.1555242671.txt.gz · 最終更新: 2019/04/14 by adash333

Donate Powered by PHP Valid HTML5 Valid CSS Driven by DokuWiki