ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

機械学習とは

プログラミング無しで機械学習

機械学習プログラミング入門

初めてのKeras2.0

初めてのTensorflow(YouTube)

初めてのChainer2.0

初めてのビットコイン

ビットコイン用語集

初めてのSolidityプログラミング

初めての医療統計

初めてのエクセルで医療統計

初めてのEZRで医療統計

初めてのRStudioでレポート作成

初めてのImageJで画像解析

スマホアプリ作成ソフトIonic3

スマホアプリ作成ソフトIonic4

Ionicのためのjavascript tips

その他

NiftyCloudMobileBackend

税金など

Dokuwiki

sidebar

ionic4での変更点

Ionic3からIonic4への変更点

2019/02/12 更新

Ionic4 メニュー

開発環境

Windows 8.1 Pro(もちろんMacでもOKです)

nvm-windows 1.1.7(node.jsのバージョン管理のため)
Node 10.14.1
Ionic CLI 4.6.0

nvm-windowsについてはこちら

nvm-windowsが面倒であれば、最初のうちは、https://nodejs.org/ja/からインストーラーをダウンロードして、Node.jsをインストールするのが一番簡単です。Node.jsのインストール後は、コマンドプロンプトで、

npm install -g ionic

と入力すれば、Ionic CLIがインストールされます。公式サイト

Ionic3からIonic4への移行方法(英語)

https://www.joshmorony.com/my-method-for-upgrading-from-ionic-3-to-ionic-4/
→こちらのサイトがよいと思われます。

ionicアプリ作成コマンド"ionic start"

ionic4では、コマンドブロンプトで以下のコマンドを入力して、ionic4アプリを作成します(アプリの名前をmyAppとする場合)。

ionic start myApp blank --type=angular

将来的に、ReactやVueでもIonicが利用できるようになる予定だそうで、そのために、--type=angularが必要になってしまったようです。

http://twosquirrel.mints.ne.jp/?p=26519

フォルダ構造とファイル名が変更

ionic4では、pagesフォルダが無くなり、appフォルダ直下にページ用フォルダを作成するようになりました。

例えば、

ionic g page contact

とすると、src/app/ フォルダの中に、contact/ フォルダが作成されます。さらに、contact/ フォルダの中に、以下の5個のファイルが作成されます。

contact.module.ts
contact.page.html
contact.page.scss
contact.page.spec.ts
contact.page.ts

http://twosquirrel.mints.ne.jp/?p=26519

参考:https://beta.ionicframework.com/docs/cli/generate

<button ion-button>から<ion-button>へ

<button ion-button></button> // Ionic version 3
<ion-button></ion-button>    // Ionic version 4

その他、 expand=“full” の使い方など、詳細は公式ドキュメントhttps://ionicframework.com/docs/api/button のサンプルコードをご覧下さい。

routingが大幅変更

Ionic3では、NavControllerのpushなどを用いてページ遷移していましたが、Ionic4では、Angularのルーティングを用いる必要があります。Ionic4でもNavControllerというものはありますが、
Ionic3のNavControllerとは使い方が異なるようです。

英語ですが、以下の記事がお勧めです。

https://www.joshmorony.com/converting-ionic-3-push-pop-navigation-to-angular-routing-in-ionic-4/

routingを試してみたので、以下に記載してみました。

http://twosquirrel.mints.ne.jp/?p=26533

http://twosquirrel.mints.ne.jp/?p=26825

slot

Ionic4では、<ion-buttons slot=“end”>のように、ボタンなどの配置を設定します。

以下のサイトが分かりやすいです。(英語)

https://www.joshmorony.com/understanding-how-slots-are-used-in-ionic-4/

上記サイトによると、例えば、ページのヘッダーは、以下のように記載するとのことです。(ちなみに、ion-navbarではなく、ion-toolbarを用います。)

<ion-toolbar color="primary">
  <ion-title>
    The Title
  </ion-title>
  <ion-buttons slot="end">
    <ion-button (click)="addTodo()">
      <ion-icon slot="icon-only" name="add-circle"></ion-icon>
    </ion-button>
  </ion-buttons>
</ion-toolbar>

ionic3

<ion-item>
 <ion-input type="password" placeholder="Password"></ion-input>
 <button clear item-right>Forgot</button>
</ion-item>

ionic4

<ion-item>
  <ion-input type="password" placeholder="Password"></ion-input>
  <ion-buttons slot="end">
    <ion-button>Forget</ion-button>
  </ion-buttons>
</ion-item>

ion-navbarがion-toolbarに変更

上記のコードを参考にしてください。

なぜtoolbarなどという名前に変更にしたのか疑問でしたが、CSSフレームワークBulmaやVuetifyもtoolbarという名前を用いており、他のフレームワークにあわせたのかなと思います。

RxJS5からRxJS6に変更

非同期通信のためのRxJSですが、大幅変更が行われています。

RxJS6(Ionic4-Angular6)での変更点

PWA化が面倒に

ionic3では、index.htmlの一部分のコメントを外すだけでPWA化できたのですが、ionic4では、コマンドブロンプトで@angular/pwaをインストールする必要があります。

ng add @angular/pwa

Ionic4デフォルトアプリをPWA化してFirebase Hostingにデプロイする過程を以下に記載しましたので、もしよろしければご覧下さい。

Ionic4でPWA(Progressive Web Apps)

また、Ionic4デフォルトアプリをPWA化して、Netlifyにデプロイする過程も以下に記載しました。

Ionic4アプリをでPWA(Progressive Web Apps)化してNetlifyにデプロイ

リンク

https://www.joshmorony.com/what-to-expect-when-ionic-4-is-released/

2018年5月時点(Ionic公式ではVersion4は未発表)でのIonic4での変更点の予想が分かりやすく記載されています(英語)。

https://ionicthemes.com/tutorials/about/ionic-4-tutorial-mastering-web-components-in-ionic-4

https://github.com/ionicthemes/ionic-4-custom-components

Ionic4でお勧めの本

2019年2月現在、Ionic4の本は、以下の1冊のみです。パスワード制限つき掲示板の作り方が丁寧に記載されています。お勧めです。

Ionic3でお勧めの本

以下のサイトが非常に分かりやすいです。

https://github.com/Ionic-jp/handbook

以下はIonic3入門の本ですが、アプリ作成時点ではIonic4との違いはわずかですし、最初から丁寧にわかりやすくIonicについて解説されていますので、非常にお勧めです。

ionic4での変更点.txt · 最終更新: 2019/02/24 by adash333