ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

機械学習とは

プログラミング無しで機械学習

機械学習プログラミング入門

初めてのKeras2.0

初めてのTensorflow(YouTube)

初めてのChainer2.0

初めてのビットコイン

ビットコイン用語集

初めてのSolidityプログラミング

初めての医療統計

初めてのエクセルで医療統計

初めてのEZRで医療統計

初めてのRStudioでレポート作成

初めてのImageJで画像解析

スマホアプリ作成ソフトIonic3

スマホアプリ作成ソフトIonic4

Ionicのためのjavascript tips

その他

NiftyCloudMobileBackend

税金など

Dokuwiki

sidebar

z_blog:2018:181125_vue_install

181125 WindowsでVue.jsを始める

Ionic4がいつまでたってもbeta版のままなので、Vue.jsを触ってみたくなり、以下の本を衝動買い。

改訂新版 Vue.jsとFirebaseで作るミニWebサービス (技術書典シリーズ(NextPublishing)) Kindle版

Vue.jsは初心者にとっつきやすいらしいという話を聞いたことがある。上記の本を写経してみる。

開発環境

Windows 8.1 Pro
Node v8.12.0
VisualStudioCode

あらかじめ、Node.jsをインストールしているものとします。

Node.jsは、以下のサイトから、Windows(x64)用のLTS版をダウンロードしてインストールします。

https://nodejs.org/ja/

WindowsにVue.jsをインストール

  1. C:/ ドライブに、vue/ フォルダを作成する。
  2. C:/vue/ フォルダを、VisualStudioCodeで開く
  3. Ctrl+@でコマンドプロンプトを開く
  4. 以下を入力
npm install -g vue-cli
vue -h

Webpack-simpleテンプレートのダウンロードとセットアップ

C:/vue/ フォルダをVisualStudioCodeで開き、Ctrl+@でコマンドプロンプトを開き、以下を入力。

vue init webpack-simple mymarkdown2
// いろいろ聞かれるが、基本的にEnterを押して、最後のUse Sass? だけ、Yes + Enter

cd mymarkdown2
npm install
npm run dev

自動的にブラウザが開く。

ファイル構造は、Ionic(Angular)と比べてすごく単純である。これはよいかも!?

IonicやAngularと異なり、Vue.jsでは、テンプレートがいろいろあるらしい。。。

今回は、Webpack-simpleテンプレートを使用した。

https://github.com/vuejs-templates/webpack-simple

参考:Vue-cli(webpack)解剖 ーディレクトリ構成ー

App.vueを変更

まずは、Hello World!から。

App.vue というファイルがあるのだが、以下のような構造になっている。

<template>
(ここにhtmlっぽいコードを記載)
</template>

<script>
(ここにjavascriptを記載)
</script>

<style lang="scss">
(ここにscssを記載)
<style>

src/App.vue

27行目の

  data () {
    return {
      msg: 'Welcome to Your Vue.js App'
    }

を、以下に変更。

  data () {
    return {
      msg: 'Welcome to MyMarkdown2!'
    }

(変更前)

(変更後)

Firebaseのセットアップ

Firebase Hostingにデプロイする。

Googleアカウントがなければ取得しておく。(無料)

以下のリンクから、「プロジェクトを追加」をクリックして、新しいプロジェクトを作成する。

https://console.firebase.google.com/

プロジェクトのページが開いたら、図の </> のマークをクリック。

「ウェブアプリにFirebaseを追加」の画面が出てくるので、出てくるコードをメモ帳などにコピーしておく。
(後で、index.htmlに貼りつける。)

index.html

(変更前)

(変更後)

なお、VisualStudioCodeの画面で、Ctrl+C ⇒ Y + Enter を押して、サーバーを止めておく。

そのまま、VisualStudioCodeのターミナルの画面で、以下を入力(初回のみ)

npm install -g firebase-tools
firebase login
// ブラウザが自動的に開くので、「許可」をクリック。
// 過去にログインしている場合は、already logged in as ... と表示される。

Firebase Hostingにデプロイ(アップロード)

そのまま、VisualStudioCodeのターミナルの画面で、以下を入力

firebase init

Hosting を選択して「スペース(Space)キー」を押してから、Enter

今回作成したFirebaseプロジェクトを選択。

public directoryを聞かれるので、 dist と入力してEnter

Configure as a single-page app?と聞かれるので、N + Enter(そのままEnterでも自動的にNが選択される。)

すると、自動的に、以下の2つのファイルが作成される。

.firebaserc
firebase.json

webpack.config.jsの修正

(変更前)

(変更後)

index.htmlの移動と修正

dist/index.htmlを削除する。

index.html を、dist/ フォルダに移動し、さらに以下のように修正

(変更後)

.gitignoreの修正

今回移動したindex.htmlを、.gitignoreから除外しておく。

(変更前)

(変更後)

buildとdeploy

ターミナルで以下を入力。

npm run build
firebase deploy

表示されたURLを、Ctrlを押しながらクリックすると、ブラウザで開く。

しかし、今回、残念なことに、画像がうまく表示されなかった。。。原因は不明。。。

写経元の本をもう一度読み直したら、webpack.config.js の8行目を変更し忘れていました。

//(変更前)
publicPath: '/dist/',
//(変更後)
publicPath: '/',

webpack.config.js

(変更前)

(変更後)

もう一度、ターミナルで以下を入力。

npm run build
firebase deploy

これで、ちゃんと、画像も表示された。

今回写経した本

Vue.js関連ドキュメント

本家サイト

https://jp.vuejs.org/v2/guide/index.html

Vue Router(ルーティング)

https://router.vuejs.org/ja/

Vuex(状態管理)

https://vuex.vuejs.org/ja/

Nuxt.js(フルスタックフレームワーク、AngularやRuby on Railsのようなもの)

https://ja.nuxtjs.org/guide/installation

リンク

z_blog/2018/181125_vue_install.txt · 最終更新: 2018/11/25 by adash333