ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

機械学習とは

プログラミング無しで機械学習

機械学習プログラミング入門

初めてのKeras2.0

初めてのTensorflow(YouTube)

初めてのChainer2.0

初めてのビットコイン

ビットコイン用語集

初めてのSolidityプログラミング

初めての医療統計

初めてのエクセルで医療統計

初めてのEZRで医療統計

初めてのRStudioでレポート作成

初めてのImageJで画像解析

スマホアプリ作成ソフトIonic3

スマホアプリ作成ソフトIonic4

Ionicのためのjavascript tips

その他

NiftyCloudMobileBackend

税金など

Dokuwiki

sidebar

z_blog:2018:181126_vue_google_login

181126 Googleアカウントでユーザ登録とログイン状態の判別

開発環境

Windows 8.1 Pro
Node v8.12.0
vue-cli 2.9.6
firebase-tools 6.1.1
VisualStudioCode

2018/11月現在、実は、Vue-cliはVersion3(@vue/cli)が出ていたのですね。。。
今気づきました。
とりあえず、写経元の本の通りに、vue-cliでやっていこうと思います。

参考:https://cli.vuejs.org/guide/installation.html

componentsの作成

Googleアカウントでログインしていないときに表示するHome.vueと、ログインしているときに表示するEditor.vueを作成する。

src/ フォルダに、compnents/ フォルダを作成し、さらに、src/components/Home.vue ファイルを新規作成

src/components/Home.vue

同様に、src/components/Editor.vue を新規作成

App.vueにHomeComponentとEditorComponentを表示

ターミナルで npm run dev を入力し、サーバを起動しておく。

src/App.vue

(変更後)

Firebaseでログインの設定

FirebaseのConsole画面
https://console.firebase.google.com/
から、プロジェクト(今回の場合はmymarkdownプロジェクト)を開き、

Autehntication > ログイン方法 > Google をクリック

Googleタブが開くので、「有効にする」をONにして、プロジェクトのサポートメール を選択する。このメールアドレスはgmailしか選択できないらしい。しかも、ログイン認証画面でこのメールアドレスが公開されてしまうらしいので、サイトを公開する場合は、新しくgmailアドレスを登録し、そちらで新たにFirebaseプロジェクトを作成した方がよさそうです。

保存をクリックすると、Googleアカウントのところが、「有効」に変化していることが分かる。

Googleログインの実装

src/components/Home.vue

(変更前)

(変更後)

これで、「Googleアカウントでログイン」ボタンをクリックすると、以下のように画面遷移する。
(まだ、現時点では、Googleログイン後も、画面はHome.vueのままである。)

ログイン状態に有無によるコンポーネント表示の選択

src/App.vue

(変更前)

(変更後)

既にGoogleログインしているので、isLogin が true となり、画面にEdit.vueの内容が表示された。

なんか、Vue.jsは非常にシンプルだと感じました。

コンポーネント間の情報の受け渡しとログイン情報の表示

ログインユーザーの情報を画面に表示する。

App.vueが所有している「Googleログインユーザー情報」を、Editor.vueに渡して、表示する。

App.vue(データを送信する側)では、新しいdataを定義してユーザー情報を格納する。(さらに、<template>の<Editor>タグに :user=“userData” のように記載する。)

Editor.vue(データを受け取る側)では、propsという名前で親コンポーネント(App.vue)から受け継ぐデータを定義する。

src/App.vue

(変更前)

(変更後)

src/components/Editor.vue

(変更前)

(変更後)

あらら、真っ白になってしまった。Chromeで、Ctrl+Shift+I にて「デベロッパーツール」を開き、consoleを見てみると、

とのことなので、App.vueに何か書き忘れたかと再度チェック。App.vueの<template>の<Editor>タグに、:user=“userData” のように記載する必要があることが分かった。

src/App.vue (修正後)

ちゃんとGoogleアカウントの名前が表示された。

参考:https://firebase.google.com/docs/auth/web/manage-users?hl=ja

ちなみに、このようなデータ受け渡しを行う場合は、もう少し複雑なことをしたい場合には、Vuexという公式ライブラリを利用する必要があるらしい。Vuexは、個人的に何回も挫折した、あのReactでのRedux(Flux)のVue.jsバージョンらしい。。。

Vue.js 結構単純で面白い。しかも、Ionic(Angular)などのフルスタックフレームワークと比べて動作が軽いところがよい。(私はフルスタックフレームワークが好きなので、いずれはNuxt.jsに手を出したいと考えてはいるが。)、

今回写経した本

リンク

z_blog/2018/181126_vue_google_login.txt · 最終更新: 2018/11/27 by adash333